「ほっ」と。キャンペーン

川越画廊 ブログ

生還しました 4月の展示



昨年末に突然 脳梗塞にかかりましたが、運よく生還いたしました。

まだ万全ではありませんが、3月中旬から週12日間のみ業務を再開いたします。



作品展示は4月から再開いたします。

4月からの展示内容は、このブログでご紹介させていただきます。



http://www.nikkei.co.jp/topic7/court/photo/l-115.jpg

ポール・ゴーギャン 1848-1903) 

TEPO(夜)

木版画 1893-1894  20×35.6cm 

1921年 ポーラ・ゴーギャン(4男)摺り  ED.100

ノアノアの挿絵として描かれた木版画。ノアノア』(Noa Noa)は、19世紀画家ポール・ゴーギャン1848- 1903)の自伝的随想。



タヒチの人々が常に抱く 夜と死霊トゥパパウに対する恐怖 が描かれている。

3人のグループの左端の人物はゴーギャン自身と考えられている。



ゴーギャンは19世紀のポスト印象派をリードした芸術家であり、画家、彫刻家、版画制作者、陶芸家と文筆家であった。ゴーギャンは色彩における大胆な実験を行い、20世紀の近代美術と現代美術に直に影響を与えた。それと同時に彼の画業における絵画表現の本質的な意味合いを持つ画題は、クロワゾニスムの影響下にあり、プリミティヴィズムへの道を切り開き、新古典主義への回帰を促した。彼はまた、芸術形式と同じく、木版彫刻木版画の提唱者であり、影響を与えた。






4月の展示

生と死  画廊コレクションの展示

 ゴーギャン、ムンク、谷中安規、H・ミラー、オノサトトシノブ、靉謳 他 



人は奇跡的にこの世に生まれ、やがて死の沈黙に帰る。

という今回の教訓がテーマです。




3月中は

アポイントメントギャラリー とさせていただきます。

事前にメールをお願いします。可能な場合のみご連絡申し上げます。

 info@kawag.net



# by kg142 | 2017-02-22 22:47

2月2日 梅 

c0122967_21162056.jpg





c0122967_21164524.jpg









c0122967_21153507.jpg





退院して、公園に梅の花を見に出かけました。

まだ、言葉が不自由で失礼しております。

今後は、リハビリをする予定です。







c0122967_21175493.jpg














# by kg142 | 2017-02-02 22:06

1月21日

c0122967_18041416.jpg

最近、ニュースに出ていましたが、わたしもオーロラ輝子さんと同じ病気になってしまいました。

2月中は、引き続き休廊させていただきます。

ご連絡は、メールでお願いいたします。(info@kawag.net

引き続きご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い申し上げます。

川越画廊



c0122967_18085543.jpg
















# by kg142 | 2017-01-21 13:48

2017年1月7日

現在、都合によりしばらく入院しております。
少しの間、皆様にご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願い申し上げます。
また改めて、ご連絡致します。 川越画廊 金子


1月10日 ー 1月14日
1月17日 ー 1月21日

上記の期間の展示は、取りあえずお休みとなります。.
# by kg142 | 2017-01-07 13:40

12月23日






c0122967_13021426.jpg

天皇誕生日 日和田山金毘羅宮からの眺め。 右下が彼岸花の巾着田。
今年亡くなられた登山家の田部井淳子さんが、ご主人と日和田山へよく登られていたそうです。(報道に拠りますと)

物見山から武蔵横手の駅に下って、一駅電車で高麗駅から日和田山の駐車場へと、およそ4時間の歩行でした。
ガイドブックに初心者向きのコースとありますが、80キロの体ではけっこう歩きでがありました。

Hさんと、やきとりの前にハイキングへという話が、当方にしては本格的歩行となりましたが、お誘いのおかげで運動できたと感謝であります。






川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-12-24 09:04 | アート

ブブノア

c0122967_19081657.jpg

ワルワーラ・ブブノワ 花 リトグラフ手彩色 40×32cm

ブブノアは、1922年 妹小野アンナを頼って来日、日本におけるリトグラフの啓蒙普及などに貢献する。ロシア時代にはヨーロッパ各地を歩き印象派などを研究する。フランス語、ドイツ語、英語、ロシア語など堪能なため早稲田大学、外語大学などで教鞭をとる。
1958年画業50周年展を開催後アンナとともに帰国、ロシア各地の美術館に作品が収蔵されている。
小野アンナは、諏訪根自子前橋汀子を教えたバイオリン教育者。


川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-12-21 19:33 | アート

12月16日 追悼 ゴリラを見る人




c0122967_17133815.jpg
相笠昌義 追悼 ゴリラを見る人 油彩・キャンバス 2006 40.2×30.2cm 




今年もあとわずかとなりました。皆さまお忙しくお過ごしのことと存じます。

熊本地震、オリンピック、台風、イギリスのEU離脱、トランプ大統領、・・・・今年もいろいろなことがありました。
グローバル化に取り残された中間層ではありませんが、グローバル化に乗れない零細画廊が無事に新年を迎えられますことを、皆様に感謝申し上げます。

新年もまたいろいろなことが起こるでしょうが、例年のことと泰然と受け止めて、前向きに参りましょう。

新年は酉年ということで、靉嘔先生の傑作「巨大なとり」も60年を経て、日の目を見るときがまいりました。(年賀状にします)
酉、戌、亥 と今後好景気が来ると予想されますので、期待いたしましょう。

年内 決算事務もあり 27、28、29 は在廊いたしますが、他日は不在も多く、作品お受け取りの方など、よろしくお願い申し上げます。
















川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-12-16 18:07 | アート

12月14日


c0122967_15340542.jpg


東京国立博物館で 生誕百年記念 小林斗盦展など見る。

企画展示は混雑しているが、法隆寺宝物館はいつもすいている。飛鳥奈良時代の高さ20-30cm位の金銅の観音立像が、30体ほど並んでいる。(すべて重文)
どれも魅力的。 展示作ではないが、ミュージアムショップに35万円のレプリカが置いてある。
今回よく見ると、樹脂製と書いてあった。 何百年かして、飛鳥仏だと言い出す人がいると困るので、樹脂のほうが良心的なのかもしれない。






川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-12-14 16:08 | アート

12月9日



c0122967_17402912.jpg
年末の展示 ハガキは出しておりません。 リストは作成しておりません。
お気軽にご覧ください。



c0122967_17400868.jpg
Richard Bloos(1878-1957) 油彩 1905 64×50cm




川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-12-09 17:45 | アート

年末の展示


告知が遅れましたが、下記の展示をいたします。


c0122967_14242399.jpg
ピカソ セラミック展ポスター 1958年 オリジナルリトグラフ(BL 1281) 64.5×47.5cm


年末の展示

井上洋介・元永定正・オノサトトシノブ・磯辺行久・ピカソ・ブラマンク・三島喜美代・岩瀬久江・加藤清之・小田襄・瀧川太郎・瑛九・高松次郎・赤瀬川原平・大沢昌助・岩崎勝平・Hミラー・北川民次・木村茂・草間弥生・恩地孝四郎・多賀新・山口長男・エメットウイリアムス・ナムジュンパイク・靉嘔・・・・(順不同) 他

前期:12月 8()9()10() 

後期:   15()16()17()     12時~19open 





川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-12-06 14:41 | アート

酉の市


c0122967_20075662.jpg


c0122967_20074575.jpg
今日は画廊近くの熊野神社で酉の市。行列が長く、お参り出来ず。




川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-12-03 20:11 | アート

常設展示


常設展示中

c0122967_12381679.jpg
左から 高松次郎 赤瀬川源平 駒井哲郎(夢の推移) 長谷川潔 今井俊満






川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-11-30 12:41 | アート

11月23日 祝日


c0122967_13023758.jpg
ヘンリーミラー展 好評のうちに終了いたしました。

クリスマスの時期にはピッタリなので、常設展示に引き続き H・ミラーの作品も展示いたします。




c0122967_13024693.jpg
お恥ずかしながら初めて イボ○ というのになってしまい、昨日は都内に出たのですがお尻が痛くて座れず、一日立っておりました。
今日も座っていられないので、早じまいしてときがわの四季彩館へ行った。
アルカリ泉で切り傷、筋肉痛、うつ・・などいろいろと効用があるという。
レストランもなく、熟年層がお弁当を食べながら相撲を見ていました。
何となく効用があった気がいたします。

 







川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-11-25 13:27 | アート

11月17日



c0122967_17582712.jpg
塔と畑と人物 石版画 スタンプサイン 35×24cm ed.165


1955年からH.ミラーと久保の交流が始まり、1967年池田満寿夫とともに初めてミラーのアトリエを訪ねる。
1969年に最初の版画を制作、その後コンスタントに制作されるが、1980年にミラーが没することで中断しスタンプサインとなったものなどがある。
次回PARTⅡとして「エッチング」を展示するときまで研究は続きます。


子供は目に入るものを驚きをもって見つめ、すべてをそこにあるものとして肯定する。
大人のように「あるかもしれないし、ないかもしれない。」などと複雑なことは考えない。

ヘンリー・ミラーは「描くことは、再び愛することだ。」と言っている。
愛するということは存在を認めること、肯定することだ。

ヘンリー・ミラーは、見るものすべてをポジティブに肯定しているのだ。
だから子供の絵のようだといわれるのではないだろうか。








川越画廊のホームページ
# by kg142 | 2016-11-17 19:19 | アート

11月11日


c0122967_14173383.jpg

南の島  石版画  1979年 33×47.5 スタンプサイン



作品紹介ページに価格が入っていませんでしたので改めて
クリックすると画像が見られます。
 
   

展示作品の紹介ページ
http://www.kawag.net/page030.html





株価が1日で戻したのは、トランプ大統領が受け入れられたということなのか。
年末年始と目が離せません。




先日聖天山の食堂に掲げられていた言葉です。
人に話したら受けたので(多少正確でないかもしれません)

楽しむ人はなんでも楽しい、苦しむ人はなんでも苦しい。

失礼しました。







http://www.kawag.net/
# by kg142 | 2016-11-11 15:18 | アート