川越画廊 ブログ

2008年11月28日

c0122967_19452394.jpg

瑛九 鐘のひびき
1957年 リトグラフ  39×27cm





昨日は銀座へ車で出て、最後に
BLDギャラリーで「写真屋・寺山修司/摩訶不思議なファインダー」展を見た。
新聞に大きく取り上げられていたからです。
(感想は後日)

右へ左へと進路変更して急ぐ車が、信号で止まると一台前にいたりすることがある。
だから、「急いでも同じなんだよ、のんびり安全運転で行きましょう」と一般には言われる。
でも見方を変えれば、競争に勝って一台前に出ることが、いかに大変かということでもある。
当人は、どこかに遅刻しそうで必死なのかもしれない。

車を運転していると暇なので、あれこれいろいろ考えてしまう。
結局は単純なことで、早く出発すればよいのである。

今日、経師屋のYさんに作品の修理を頼んだら、すぐに来てくれて一瞬のうちに直してしまった。さすがプロだ。下手に素人考えで、いじらなくて良かった。
Yさんは、70歳にして毎朝30キロのジョギングをしているそうで、北海道で千何百キロを11日間で走る大会では、7,000人の参加者のうちの完走者の15人に入ったそうである。
東京マラソンは、次回も連続出場するそうである。

美術の話題でなく失礼。
写真は、昨日仕入れたリトグラフです。













川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-28 20:33 | アート