川越画廊 ブログ

2009年1月23日

今年は景気が芳しくないということで、例年に比べ早くから活動を開始したため、
一月が長く感じられます。
あまり過剰に反応して、節約節約というのも何かいじましく感じられてしまうかもしれず、
少々反省であります。

昨日の交換会も出来高は多くないかもしれませんが、雰囲気は良かったように思いました。
世紀末美術も一段落して、バブルの部分もとれて、コアなネットの部分にとっては良かったということでしょうか。

「以前に戻っただけだ」とか「それなりの価格であれば購買欲は出てきている」とか聞きましたが、当画廊もいつもの(企画展示をしない)正月に比べ売上が発生しています。

偶然、彫刻センターがあった所の画廊で、彫刻家のS氏が展覧会をしているのに遭遇、
ずいぶん久々にお会いしました。
所沢から千葉へアトリエを移したそうですが、お話の内容はバブルもデフレもネオトニーも関係なく、
以前と連綿と繋がっているのでした。

その後INAXギャラリーを覗きましたが、ここでは銀座通りを眺めながら、いい雰囲気でコーヒーが飲めるのでした(それもお安く)。
ここも健全でありました。




川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-23 18:43 | アート