川越画廊 ブログ

2009年6月3日

昨日 都美術館の「日本の美術館名品展」へ行った。

出品リストに 駒井哲郎 1958年 樹 とあったので、この作品が出ていると早合点してしまった。
c0122967_19384840.jpg
 
よく考えてみれば、この作品は「樹木」というタイトルでした。
樹木 エッチング 1958年 ed.100(EA) 23.3×21cm

1958年の樹 という作品は、木が2本描かれた作品です。(今手持ちの画像がありません)


木が2本といってもこの作品ではありません。
c0122967_19431939.jpg

二樹 エッチング 1970年 ed.200(EA) 24.3×16.9cm

次回の「オノサトトシノブ 油彩小品」の展示に これらの駒井哲郎の木を描いた作品も展示します。
駒井の木を描いた作品は、独自の高い精神性が感じられます。


「日本の美術館名品展」は盛りだくさんでおなかいっぱいになると「日曜美術館」で言っていましたが、
名品には違いないにしても、各美術館の最高のものを出品しているとは思えず、少々不満が残りました。








川越画廊のホームページ
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-06-03 19:52 | アート