川越画廊 ブログ

長沢英俊展




昨日から長沢英俊展が始まりました。
(埼玉県立近代美術館・川越市立美術館・遠山記念館 同時開催)
7月18日~9月23日

遠山記念館と川越市立美術館へ行ってきました。



c0122967_12493963.jpg

遠山記念館の堀のハス





c0122967_1250337.jpg

入口の門
門の内側左手に自動販売機のある休憩コーナーがあるだけで、周囲に飲食できるところはありません。





c0122967_12504735.jpg

門をはいってすぐの所に設置されている作品
右奥は美術館棟






c0122967_1251493.jpg

庭の作品





c0122967_12511663.jpg

ふすまの作品







c0122967_12512764.jpg

セレモニーを終えて美術館から出てきた長沢英俊氏(白いシャツの横顔の人)
この美術館棟は碌山美術館とおなじく今井兼次の設計で、その関係でか、ロビーに碌山の「おんな」(重文)が展示してあります。








c0122967_12514036.jpg

その後事務棟の地階で開かれたパーティー










c0122967_12522539.jpg

川越市立美術館へ移動して、ロビーでの受付の様子
メインの展示は暗がりに展示されていて、撮影できません。










c0122967_12523862.jpg

2階ホールでのレセプション&パーティー

神奈川、横浜、東京近美、埼玉、大阪国際、宇都宮・・・・・各美術館の館長や学芸員、各新聞の文化担当の記者、批評家など多彩なメンバーが参加していました。

川越市長、川越高校同窓会長などがあいさつされ、地元出身作家を応援する姿勢が感じられて、地方開催ならではのとてもよいレセプションでした。

まだ埼玉近美の展示は見ていませんが、この二会場の展示はすばらしく、後々まで語り継がれることでしょう。
















川越画廊のホームページ
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-07-19 14:25 | アート