川越画廊 ブログ

尻焼温泉





今話題の八ツ場ダム近くにある尻焼温泉へ行こうと、
Aさんと午後4時過ぎに川越を出発。

日曜日午後、関越の上りは大渋滞、
しかしこの時間、下りはすいすいと進む。

ETC休日1000円を利用するのは初めて、
渋川で降りたら1300円でした。?

目的地には7時過ぎに到着。
橋の下をのぞくと真っ暗、
用意した懐中電灯を出してみるとなんと電池切れ。

雨は本降りになるし、灯りがないと
河原に降りる道も見つからない。
はるばる来たのにどうしましょう。

残念ですが、危険なのであきらめて、
途中通り過ぎてきた道の駅(六合)に温泉があるので、
そこへ行くことにして引き返す。

ところが、道の駅に車はたくさん止まっているのに、
どこも灯りが落ちている。
確かいちばん左手の建物が、温泉の入り口だったはずなのだが、
そこもcloseになっている。

灯りの付いている建物があったので聞いてみると、
宿泊施設なので、食事だけというのはできないとのこと。

ガクン。
夜空を眺めながら、川のお湯に入るのもおつなもんですよ。
と、私が言いだしっぺなのであります。

しょうがない帰りますか、
というので、来た道をまっしぐらに戻る。
川越に着いたのは、11時を過ぎておりました。

Aさんには借りを作ってしまった。

帰りのパーキングでカレーを食べながら、
5時間かけて食べに来たカレーはうまいね、
と言ってくれたので、
私も300キロのワインディングロードのドライブで、
ストレスが解消したように思えたのでした。


追記
あとでネットで調べたら、温泉は道の駅六合の裏側にあるのでした。
以前行ったときと、温泉の位置が変っていたのだ。
8時まで営業とあるので、我われが着いたのは確か7:30頃だったので、入浴できたのだ。
残念。
by kg142 | 2009-09-29 00:07 | アート