川越画廊 ブログ

2009年12月6日




靉嘔展終了しました。
今日はギリヤーク尼崎の舞踏が成田山川越別院であったそうで、ユニークな方が何人か来られた。
常連のMさんも見てきた帰りに寄られて、二人だけでで打ち上げに行く。
Mさんは従業員30人ほどの会社の社長さんで、一応私も一人でやってる会社の社長なので、
社長は孤独だ という話のついでに愚痴を聞いてもらった。

Mさんは美術評論を書いたりしているので、
来年ある作家の個展をやろうという話になり、案内状に文章を書いてくれることになった。





c0122967_13544253.jpg

rainbou man and woman hug  30号
にサインを入れている靉嘔先生

この作品は2009年の最新作なのです。





数年前には、「作品の世代間の引き継ぎがうまくいっていない」
などと言って、靉嘔のシルクスクリーンの版画が、安く出回っていたが、
最近は見かけなくなった。

きれいでわかりやすく、手ごろな価格ならばと多くの個人が購入したと思われる。
そのころ当画廊もほとんどのシルクを手放してしまい、今回の展示はリトが中心となった。

すると、リトはほとんどが売約となった。

靉嘔はこの世代最後のビックネームであり、
今後も取り扱ってゆきたい。






次回は毎年恒例の

 年末の展示

12月18日(金)~27日(日)  21(月)、22(火)休み

を開催します。
by kg142 | 2009-12-07 14:25 | アート