川越画廊 ブログ

2010年2月9日




c0122967_18185215.jpg



木版画展終了しました。
昨年末展、今回の木版画展と続けて埼玉版に取り上げていただき、
初めての方も来場されました。
お手頃価格の作品がよく売れた、という感じでしょうか。

あまり展覧会が開催されていないので、続けて取り上げられたのかと思ったら
そうでもなく、案内状はよく届きます。
多分偶然のことでしょう。

いただいたハガキは入口に掲示しております。
来場者はあまり多くないので、宣伝効果はそれほどないとは思いますが。

今日不動産屋さんが来て、更新しました。
この場所で15年になるので、より良い空間へ移転したいと常々思っていますが、
決断力がなく、更新日が来てしまいました。

川越から西の奥武蔵というエリアには、
多くの、いわゆる画廊喫茶というのがあって、おそらく50以上はあると思われます。

「どこどこの空間はアプローチが100メートルある」とか
いろいろ来場者から聞いて、これから行ってみようと思っています。

ネットで見ると最近はカフェが流行っているらしく、
とんでもない田舎のカフェが、全国誌に紹介されて、
都内や他県からお客さんが来るというところが、このエリアにあるそうです。

最近コンビニが頭打ちらしいですが、
便利な時代に不便なところを目指して来る人がいる
というのがおもしろいと思います。

わが画廊もこの際、不便を売り物にしてゆこうと思うこの頃なのです。
by kg142 | 2010-02-09 19:06 | アート