川越画廊 ブログ

2010年9月19日





木版画二人展は今日が最終日。
やはり川上ファンが多く、来場者はたいてい川上澄生美術館へ行かれたことがあるという。
はるり銀花」でも何度か川上澄生展が開かれたそうだ。近くで居て知りませんでした。

「はるり銀花」のSさんは、一番街(川越の蔵造りの街)の発展に貢献された人だ。
コンサルタント会社にいたのに、熱心さのあまり自分でお店を開いてしまった。




c0122967_18191147.jpg

北川民次  風景 1946年 50号 二科展出品
「国破れて山河あり」
敗戦の翌年、里山の乾いた夏の風景を描いた作品。
雲や左の背の高い樹木のもりもり感、奥行きをつぶしたフラット感に民次の特徴がよく表れています。




北川民次は「美術には思想がなければならない」と言っています。
思想とはイデオロギーとか宗教とかではなく、メッセージとかテーマとかというようなものに近いものかと思う。
現在まで通じることで、とくに最近はそのことが盛んに言われている。
しかし現在活躍している若手作家の作品は、病的な内面吐露というか、刺激的なものが多くて
理屈では分かっても、素直な気持ちとしては、コレクションしにくいと思う人も多いのではないだろうか。

というわけで10月は北川民次展を開催します。

北川民次展  10月23日~11月7日
by kg142 | 2010-09-19 18:56 | アート