川越画廊 ブログ

2010年9月29日







c0122967_16152983.jpg

北川民次 都会風景 
水彩画  1937年頃 48×68cm
1936年7月に帰国した民次は、37年8月から豊島区長崎に住む。
そのころ描いた東京の風景。ジョン・マリン(John Marin、1870年 - 1953年)の影響がうかがえる作品。



暑い日が多かったためか、9月が短かったように感じられます。

リーマンショック、ギリシャ問題、円高、尖閣諸島・・
気弱な自分としましては、悪いことが続いて鬱な気分になってしまいそうです。
これからもこの調子でいろいろと問題が起こることでしょう。

そこでこの際前向きにとらえて、
「人間社会は次々と問題が起こることこそが正常なのである。
なんの問題もない無風状態が続くと、なんの工夫も生まれず、
進歩もなく、退屈に滅びゆくのみである。」
(保守的な画壇の中での北川民次を論じた久保貞次郎の文章に、このような意味合いの言葉があります)
という風にとらえて、

問題を過小にも過大にもにもとらえず、淡々と行こうということです。


10月になると川越は祭りの季節、いちばんいい季節が
騒がしくなるのです。
連雀町はなぜか毎年山車を出します。


昨年私がデジカメで撮った映像です。




by kg142 | 2010-09-29 16:50 | アート