川越画廊 ブログ

2010年11月12日





c0122967_1854469.jpg

大沢昌助 人形 油彩 SM 制作年不詳



今朝は油彩の額を探しに倉庫によって、少し遅れてMさんに電話すると、10時ごろ来るかと待っていたとのことで、急遽作品をお届けに行く。
帰り際奥さまが、ある著名作家の作品を希望するとのお話。何度かお聞きしているが、本気にしてよいやら計り知れず、気長にお待ちくださいと申し上げる。

お昼にうなぎ屋に行くと、いつも長々と口頭でメニューの説明をするのに、今日は手書きのメニューが作ってあった。2200円、1800円、1300円とある。いつもは面倒なので、中くらいのと注文するが、客は一人で見栄を張ることもないし、節約のため1300円のを注文、大きさだけでなく味も違うようにも思えた。

大沢家三代展のハガキが届いたので、大口のだけとりあえず送った。
by kg142 | 2010-11-12 19:11 | アート