川越画廊 ブログ

2011年4月7日





c0122967_19255089.jpg

中院のしだれ桜(4月6日)


先日グループで川越にうなぎを食べに来られた方に、今回の変則的な会期はまるで計画停電を予想していたかのようだと言われましたが、もちろん予想できるはずもなく偶然です。
平日は自由に外出できるようにと、4月は週末のみオープンとしております。

今日は昨年末に購入いただいた作品を世田谷のH宅までお届けし、その後世田谷美術館で白洲正子展を見ました。仏像に見ごたえがありました。奈良、近江のあまり知られていないお寺をいつか巡って見たいものです。
砧公園の桜は8分咲きというところでしょうか。花見でにぎわっていましたが、写真を撮らなかったので、川越北院のしだれ桜の写真です。こちらは昨日の段階で満開でした。

その後神奈川のコレクター宅へ行って、瑛九などを購入。戻って冷静に見ると高く買いすぎたかもしれません。
今年は、瑛九、岡本太郎、川端実のほか、南大路一という画家が生誕100年であることを知りました。Hさんは南大路一のお弟子さんなのだそうです。


山中現展 を開催中です。
4月17日までの毎週 金、土、日 オープン
昨年福島県立美術館で展示した大作と最新作の小品油彩を展示しています。
by kg142 | 2011-04-07 19:55 | アート