川越画廊 ブログ

2011年5月17日


「瑛九の仲間たち展」には連日多くの方にご来場いただきありがとうございました。
次回は、瑛九生誕100年記念Part Ⅱ として 靉嘔の初期作品展を開催いたします。


「・・過去の作品を否定しようとすべての作品に×を付けたら、今度はきれいな×を描こうとしてしまう。・・何にも描かないのなら光だけを描けばよい(スペクトルとして)ということで、虹の作品になってゆく。・・」

少し正確ではないかもしれませんが、靉嘔先生からこのようなお話をお聞きしたことがあります。
それを作品でたどろうというのが今回の展覧会です。

光にこだわるという点において、瑛九の影響があったと言えないでしょうか。









c0122967_13325726.jpg

瑛九生誕100年記念企画 Part Ⅱ
靉嘔 ’50 ’60 ’70
プリミティブそしてアクションペインティングの否定から虹の発見まで・・
2011年6月4日(土)~19日(日)   6 (月) ・ 7 (火)  13 (月) ・ 14 (火) 休み

変則的ですが、月曜日、火曜日を会期中に限ってお休みとさせていただきます。






■ 展覧会の会期中以外は 勝手ながら臨時休廊する場合がございます。
  ご来廊の前にご確認ください。 

by kg142 | 2011-05-17 13:58 | アート