川越画廊 ブログ

2011年5月28日



昨日は平塚市美術館の「画家たちの 二十歳の原点」を見てきました。
村山槐多と関根正二がメインに据えられ充実していました。二十歳と言えばこの二人ということでしょうか。今度展示する靉嘔の作品も2点ありました。
お客様から良い展覧会と聞いて見に行ったのですが、その通りでした。
ただ見たいのはほかの作家だったのですが。




帰りに神代植物園のバラを見ました。
こちらは、ただ手入れしていますと言うだけでどうかと思いました。
何十年も同じ品種を植えっぱなしで、配置のデザインもなおざり、手入れしている人が飽きていること間違いなしかと思います。(入場料をとらないのであれば、文句はありませんが)
(小雨だったので良く見えなかったかもしれません。失礼! 後日記)




写真は温室で鉢にベコニアの花が浮かべられていたので、(バラではありません)

c0122967_20355373.jpg








靉嘔の展示は 1954年から制作順に並べました。以前展示した作品もありますが。

c0122967_2037485.jpg

by kg142 | 2011-05-28 20:41 | アート