川越画廊 ブログ

2011年7月17日



c0122967_143751.jpg

15日 瑛九生誕100年展を見に宮崎県立美術館へ行きました。
初めてでしたが、建物もコレクションも立派な美術館でした。
瑛九の展示は、たいへんもりだくさんで見ごたえがありました。個人的にも新しい発見があり、行ってよかったと思います。
(展示構成と作品点数が、埼玉での2会場での展示を想定しているように見えます)




c0122967_14254955.jpg

宮崎神宮 明治神宮みたいでした。

最近健康のため朝のウォーキングをしているので、宮崎でもあいた時間歩き回ろうと思ったのですが、当日風邪をひいて頭ががんがん、昼間は暑いしあまり歩けませんでした。オープニングで見かけた方にも話しかけもせず失礼しました。

翌日帰る途中銀座に、出品者に名前のある画廊に寄ったら、偶然やはり出品しているコレクターが来られて、二人とも宮崎へ行く予定なしという。これでは来館者が少なそう。浦和で見れば良いと思っているのでしょう。




c0122967_17553443.jpg

表紙の作品のタイトルは 空の顔(仮) 1957年
でした。
by kg142 | 2011-07-17 14:41 | アート