川越画廊 ブログ

2011年7月31日



c0122967_13554152.jpg

瑛九 小さな我家 油彩 1944年 


夏祭りは観光の為に無理やり始めたような祭りで、以前は職場ごとのお神輿の行列だったが、その後浅草のサンバを呼んできて、ある時はマーチングバンドたったし、時代行列というのもあった気がする。昨晩見て回ったら今年はよさこいソーランでした。
中高生の祭りのようで、活気があっていいと言う人もあるので、いいのかもしれません。
ただ 画廊とはマッチしないようです。
今窓の下ではシャネルズのランナウェイをひどい音でやっています。



昨晩小山哲生氏が亡くなったという話題になりました。以前この沿線に住んでいたころはよく画廊に現れました。高い本なので読んでいませんが「肉体のアナーキズム」(黒ダライ児著)に出てくるはずのビタミンアートのアーチストです。長髪のカーリーヘアーに口ひげ、そのころはボディソニックという車に乗っていました。ある時ラーメン屋に行くことになり、助手席に乗せてもらったことがありました。懸ける曲はもちろんハードロックです。すると座席がすごいパワーで振動するのです。すごい音量で街の中を走り回るわけです。不良なのです。
でも他人を気遣う心やさしい不良なのです。体制におもねることなく、カッコよく、日本人離れした本当にアーチストらしいアーチストだったと思います。昨秋亡くなったそうです。















 
by kg142 | 2011-07-31 18:27 | アート