川越画廊 ブログ

2011年9月30日




ようやく瑛九展を見に行きました。

宮崎では点数が多いので窮屈な展示でしたが、埼玉では二館に分けて展示されているので、
テーマごとの区切りも分かりやすく、とても見やすく良い展示になっていました。

最初写真が小さいので、見にくいカタログと思っていましたが、展示のガイドブックとしてみると、番号ですぐに照合でき、とても良いものに見えてきました。

最初にカタログを購入して、それと照らして会場を見て回るのが良いのではないでしょうか。
瑛九の多様性を見せているわけです。(私は今頃分かりました。鈍感なのです。)

これほどの展示が今後いつ開かれるか解らないので、ぜひ見に行かれることをお勧めします。
点描の部屋にはイスが置いてあり、じっくりと眺めることもできます。
私ももう一度見に行きます。



■生誕100年記念瑛九展 2011年9月10日~11月6日
うらわ美術館  http://www.uam.urawa.saitama.jp/tenran_doc.htm
埼玉県立近代美術館  http://www.momas.jp/003kikaku/k2011/k2011.09/k2011.09.htm



カメラを持っていかなかったので、駒井哲郎の画像です。

c0122967_192725.jpg

駒井哲郎 食卓Ⅰ アクアチント 1959


c0122967_1911712.jpg

瑛九 骨と裸婦 ペンデッサン 1957 18×14cm 裏面に鉛筆画
by kg142 | 2011-09-30 19:13 | アート