川越画廊 ブログ

2011年10月27日


石原宏策氏のご子息 重人さんが、ブログで紹介してくださいました。
毎回予期せぬ展開で、いろいろな出会いがあります。

今回の企画はなかなか良いのではないかと自負しておりますが、モノクロ作品が多く地味な印象の為か、来場者はそれほど多くありません。
絵画は感情移入しないとじっくり見ようと思えないので、予備知識が必要なのかもしれません。



c0122967_1420828.jpg

深沢史朗 Paper Monument of Patient Card-C
シルクスクリーン 1975 ed.36 560×560mm

石原宏策のこの作品はとても良いと思えるのですが、菅井汲のシルクの作品が最近は人気がないようなので、こういう絵は古く感じられてしまうのでしょうか。

4人展は29日(土)まで開催しております。

4人展 夢と記憶
駒井哲郎(1920-1976)・久保卓治(1948-)・石原宏策(1914-1998)・深沢史朗(1907-1978)
2011年10月18日~29日




c0122967_14223743.jpg

大沢昌助 静物 油彩 1924年 12号

昨年 練馬区立美術館の「大沢昌助と父三之助展」に合わせて、春と秋2回関連企画を開催しましたので、今年は例年なら春に開催するのが11月になってしまいました。







今年は「逸楽と秩序シリーズ20点」の展示がメインですが、初期の作品も何点か展示します。
この「静物」は美校時代の作品で、練馬にも展示されたことがありません。
おそらく新発見と言えるものです。

大沢先生は作文を例に、「最初すべての要素を描きこんで後、いろいろなものを消去していって抽象化してゆく」 というようなことを語られていますが、若くして具象絵画が完成していたので言える言葉 ともいえます。


大沢昌助展 逸楽と秩序シリーズ20点他
2011年11月8日(火)~20日(日)  14(月、15(火)休

by kg142 | 2011-10-27 14:46 | アート