川越画廊 ブログ

2012年3月4日




c0122967_14321539.jpg

21世紀の都市 水彩 1969年



小企画
木村利三郎の水彩画
2012年 3月6日(火)~11日(日)

■壁2面をニューヨーク在住の木村利三郎(1924-)の水彩画、その他の壁面にはコレクション秀作選を展示いたします。

【略歴】
1924年 横須賀市生まれ
1947年 神奈川師範(現横浜国立大学)卒
1954年 法政大学哲学科卒
1964年 渡米
【個展】
1969ロングアイランド大学(ニューヨーク)、ダウンタウン画廊((ハワイ)、1973ギンペル画廊(ニューヨーク)、1974日動画廊(東京、名古屋、大阪)、フマ画廊(東京)、1977ミュンヘン【ドイツ】、1978有隣堂ギャラリー(横浜)、1978名古屋日動画廊、平安画廊(京都)、フランクフェデラ画廊(ニューヨーク)、1981ストライプハウス(東京)、1982ミュンヘンインターナショナル画廊(ドイツ)、1987有隣堂ギャラリー、1991日本大使館(ワシントン)、1992ARTRAギャラリー(ニューヨーク)、1995有隣堂ギャラリー、1999仙台市民ギャラリー、1987,1995,2008川越画廊個展
【コレクション】
オクラホマアートセンター、ニューヨーク近代美術館、ブルックリン美術館、ミネソタ美術館、IBM本社、東京国立近代美術館、町田市立版画美術館、コロンビア美術館、東京芸術大学 ほか

前回の個展の様子
http://kg142.exblog.jp/10100114/


一週間の会期で 小企画「木村利三郎の水彩」を開催します。(会期中無休)
展示していませんが、1964年渡米の年に制作されたリトグラフがあります。


c0122967_15113497.jpg

リトグラフ 1964年 36×50cm
c0122967_15115958.jpg


c0122967_15121052.jpg


「一人部屋で空虚を抱え、酒場で皆も同じ、やがて光明を見いだす」
というようなストーリーにも見えます。
1964年の渡米後なのか渡米前に描かれたのかわかりませんが、ほどなく今回展示作品のような色彩豊かなニューヨークシリーズが描かれるようになります。
by kg142 | 2012-03-04 15:21 | アート