川越画廊 ブログ

2012年5月27日




c0122967_1993567.jpg

大沢昌助  子供 油彩・キャンバス  1950年頃 53×45.5cm(10号)



デモクラート版画展 は本日終了。
一週間ほどはこのままの展示を続けます。
価格もお安くあまり売り上げも達成できませんが、地味な企画へのおほめをいただいたり、私自身作品への理解も深まり大変有意義な会期となりました。

次回は恒例の
大沢昌助展 2012年6月27日(水)~7月8日(日) 月休み

今回は初期と晩年の秀作を選んで展示いたします。





駒井哲郎の続きですが、世田谷で展示中の食卓Ⅰと当方所蔵の食卓Ⅰでは、色数に違いがあります。

c0122967_19342336.jpg


c0122967_1934492.jpg




画像の大きさが違ってしまいましたが、左が当方所蔵の食卓Ⅰ(10/30)、右が世田谷美術館所蔵の食卓Ⅰ(11/30)です。
左では緑色の部分が、右ではモノクロとなっています。エディション番号が一つ違いでも作品は、違った摺りになっています。
(パンフレットからとったので少しわかりにくいかもしれませんが。)

食卓Ⅱ については、色違いの作品も展示されていました。



世田谷美術館2階の常設展示には、難波田龍起 生の記憶2 という3枚続きの大作が展示されていました。
生の記憶には1,2,3と3つのバージョンがあります。この作品を制作中のころは度々アトリエを訪問する機会があり、価格も聞かずに無謀にも購入を申し込んだのでした。するとすでに宇都宮、オペラシティ、世田谷と予約されているということで、代わりに世田谷美術展に出品中の作品を君に譲ろうと言われたのでした。
早速その足で見に来ると茶色い「秋の詩」という50号の作品でした。先生は私の懐を考えてくださったのでした。(「秋の詩」はOさんが寄託されて川越市立美術館に展示されています。)
ところがその横に斉藤真一の旅芸人の大作が展示されていたのです。こちらも無謀にもほしいと思ったのですが、ちょうどそのとき斉藤先生が亡くなられて果たせませんでした。

「生の記憶2」 の近くのコの字型の展示コーナーには向い合わせで、石川滋彦と南大路一の作品が展示されていました。
このお二人は何かと気になる画家で、同時に展示されているのは幸運でした。
世田谷区は200万人の住人がいるとかで一つの県並の大きさがあります。当然画家も多く、世田谷美術展といえども侮れません。


たった一時間ほどの世田谷美術館の鑑賞でしたが、いろいろと発見や驚きがありました。

ひきこもりの少ない美術館訪問を、こうして何日も引っ張ってブログに掲載するのです。
失礼しました。
by kg142 | 2012-05-27 20:22 | アート