川越画廊 ブログ

2012年9月22日 靉嘔初期作品展




c0122967_11523710.jpg


今日から 「靉嘔AY-O初期作品展」 オープンします。




(あいおう)(1931~)は大学在学中の1953年(22歳)から「読売アンデパンダン展」、瑛九の主催した「デモクラート展」に作品を発表してキャリアをスタートしました。その後「グループ実在者」を結成し、それらに発表を続けます。その後1958年に渡米、1962年には「フルクサス」に参加します。
1964年にはのロフトの一軒おいた隣に「フルクサスショップ」が出来、フルクサスの主要メンバーとして活動します。

一方フルクサス参加と同時期に虹を発見したは、1965年以降日本においてシルクスクリーンの虹の版画を本格的に発表することとなります。
これ以後、版画ブームと言われた当時の日本で、虹の版画家が広く知られることとなりました。

今展では1953年~1959年の間の作品(油彩・リトグラフ)によって、虹の画家以前のをご覧いただきたいと思います。




*タイトルを「恋人たち」(1956年 50号)としてきました作品が、過去の出展記録から原題は「真昼」ということが判明いたしましたので、訂正いたします。
by kg142 | 2012-09-22 12:51 | アート