川越画廊 ブログ

2012年10月28日





c0122967_10421991.jpg

靉嘔  十開の圖 虹佛 (通称:レインボー北斎) 15×15cm 54枚
前回紹介しました「レインボー北斎」 を撮影しました。
モーセの十戒(Ten Commandments)にかけたルビをふった、フルクサス的ユーモアのあるタイトル。
額装すると裏面を貼り付けねばならずコンディションを保てないこと、額が大きくなって取り扱いが大変なことなどからこの状態での保管がベストのようです。

50-60年代に多くのグループが生まれました。
デモクラート(1951-1957)、実験工房(1951-1957)、具体美術(1954-1972-現在 )、フルクサス(1962-1978-現在)、もの派(1968-1970-現在)・・・・・・・
靉嘔はデモクラートからフルクサスへ参加しますが、フルクサスと実験工房の両方に参加している音楽系の作家が多いことから、この二つは近いように見えます。マチューナスは日本の動向を注視していて、「ハイレッドセンター」など直接交流のなかった作家もフルクサスのメンバーとしています。晩年は北海道への移住を希望していたそうです。
フルクサスを入り口に現在、具体やもの派が注目されているのかもしれません。

1958年に渡米した靉嘔は1962年頃に、「自ら描くことをやめすべてを虹でカバーする」というコンセプトに到達します。過去のペインターとしてのキャリアと天才を封印して、虹のコンセプチュアルアーチストになったのです。いろいろな運動が複合しているので、今まで靉嘔がコンセプチュアルアーチストという呼ばれ方はされていないかもしれませんが、あえて言えばそういうことかと思います。そこにはデモクラティックであること、権威主義、貴族趣味、イリュージョン絵画・・に反対するというフルクサスとそれ以前からの一貫した思想が貫かれています。
靉嘔はプラスチックの廃物やビニール紐などをキャンバスに貼りつけた作品を制作しています。
リンゴの絵を見てあたかもそこにリンゴがあるように感じることをイリュージョン絵画とすれば、抽象画においては意味ありげなオブジェクトを貼りつけたり、詫びさび的なあるいは崇高さを演出するような絵画をイリュージョン絵画と言えないでしょうか。プラスチックの廃物などのチープなもののほうが雰囲気を作らず、より画面そのものに物体として着目するコンクリートな絵画となる、ということを靉嘔は実践しているように見えます。


つづく
by kg142 | 2012-10-28 17:00 | アート