川越画廊 ブログ

2012年11月28日

c0122967_15354239.jpg

駐車場から美術館へ向う広場
先日出張のついでに宇都宮美術館で「マックスエルンスト展」を見ました。当日は巖谷國士氏の講演があり、今まで抱いていたもやもやが晴れて、エルンストとはいかなる画家かということが少しは分かったようにも思えました。





毎年恒例の年末展を開催します。

年末の展示(セール)
名品・珍品・作者不詳の油彩画を主に展示します。
12月6日(木)~15日(土)  10(月)休み




出品作から
c0122967_17464781.jpg

石原宏策 ガスタンクのある風景 1939年 50号

石原宏策25歳 帝国美術大学(現武蔵野美術大学)卒業の年に国画会展に出品した作品。この作品を梅原龍三郎が推奨したことを羽仁五郎から聞いたK氏が石原を訪ねると、翌年中国大陸へ出征するので持ってほしいと200点に及ぶをデッサン託される。その時にこの作品を購入している。この作品はかつて「国画会40年の展望」に出品された石原宏策の代表作である。
何回も塗りつぶされた作品か、キャンバスだけで10キロ以上は重さがあります。剥落がありコンディションは良くありません。
by kg142 | 2012-11-28 16:33 | アート