川越画廊 ブログ

2013年2月22日





c0122967_14592176.jpg

ヘンリー杉本  NYセントラルパークより入る小道  油彩・キャンバス 4号(33×24cm) 中央右修復跡


昨年末に東京芸術大学美術館で
「尊厳の芸術展」 http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0151561/index.htmlが開催されました。(福島、仙台、沖縄、広島を巡回) 同展に「ジェローム収容所での母」というヘンリー杉本の作品が出品されています。
ヘンリー杉本は和歌山県の出身で、二科会でも活躍しました。


寒い日がつづきますが梅の花が咲き始めています。3月になると桜の季節が間近となり、やがて肌寒い中の夜桜見物などして散りゆく花を惜しんでいるとすぐに5月の連休、何故かそのころに一時的に真夏のような暑さになったりします。
寒いながらもまだ来ぬ春に思いをはせる今頃が良い時期だと言えなくもないのですが、花粉症の人にとってはつらい季節でもあるのです。
by kg142 | 2013-02-22 16:52 | アート