川越画廊 ブログ

2013年2月27日


c0122967_19365855.jpg

内間安瑆 FOREST BYOBU(SHRUB OAK AUTUMUN) 木版画 1979 44×70.5cm ap

略歴
1921年(大10)米国カリフォルニア州ストックトン生まれ
1944年(昭19)年早稲田大学建築科中退後、独学で絵画・木版を学ぶ(~1952)
1955年(昭30)「個展」(東京・養清堂ギャラリー)
1957年(昭32)「木版画二人展・内間安セイ(王星)・流政之」(東京・養清堂画廊)
1959年(昭34)「第5回サンパウロ国際版画ビエンナーレ」(ブラジル)出品
1960年(昭35)ニューヨーク在住
1962年(昭37)サラ・ローレンス大学教授(~1982)
1962年(昭37)グッゲンハイム・フェローシップ受賞
1968年(昭43)コロンビア大学助教授(~1982)
1970年(昭45)「第35回ヴェネツィア・ビエンナーレ」(イタリア)及びグッゲンハイム・フェローシップ受賞
1985年(昭60)サラ・ローレンス大学名誉教授
1986年(昭61)「二人展-内間安セイ(王星)・俊子」(東京・ストライプハウス美術館)
1995年(平7)「版画展1950-1960」(ニューヨーク・ホイットニー美術館)
1996年(平8)「近代日本美術の名作展」(東京国立近代美術館)
1997年(平9)日本版画協会名誉会員
1997年(平9)「東洋の伝統と抽象表現1945-1970」Jane Voorhees Zimmerli Art Museum, ラトガース大学/ニュージャージー、シカゴ、カリフォルニア、台北、日本)
2000年(平12)没




先日川越市立福原中学校で、真鶴アートミュージアムの出張美術館というイベントがあったことを知りました。
中学校の体育館に3日間で1万人以上の来場者があったそうです。
by kg142 | 2013-02-27 19:59 | アート