川越画廊 ブログ

2013年4月18日


c0122967_1229618.jpg

9月の山中現展には以前と同様に、この小さなキャンバスに新作を描いていただくことになっていて、倉庫でようやく探して作者に送った。このハガキ大のキャンバスは川越画廊の特製で、とうとう最後の10枚になってしまった。
前回個展の会期中に大震災があったので、2年半ぶりの個展ということになる。





c0122967_12254159.jpg

谷中安規  怪鳥 木版画 手彩色 1934年 「白と黒」43号所収 14.5×17.6cm




c0122967_1234366.jpg

木版画は凸版であるため、細かい黒の格子模様を一版で摺るのは難しく、この部分は二版で摺られているのではないかと、山中現先生からご指摘をいただいた。
この「怪鳥」は谷中安規の作品の中では重厚な雰囲気があるのは、そのためかもしれない。












川越画廊のホームページ
by kg142 | 2013-04-18 12:58 | アート