川越画廊 ブログ

6月3日





c0122967_14352870.jpg

石原宏策 自画像 ペンほか 21×13cm


故石原宏策のアトリエに訪ねた後に、東京芸術劇場へ行った。
 「池袋モンパルナス―歯ぎしりのユートピア」展 は5階のギャラリー2で開かれていた。1階から5階まで吹き抜けの広大な入り口ロビーに比べてこじんまりとした会場だった。年譜を見ると2009年にやはり豊島区主催で「小熊秀雄展」が開かれている。受付の人に当時のカタログを見せていただくと、すべて豊島区所蔵で数十点の作品が掲載されていた。
小熊39才、長谷川利行は49才でともに昭和15年(1940)に亡くなっている。
石原宏策も地理的にはモンパルナスの範囲以内にいた人で、そのうちだれかが再発見してくれるかもしれない。
by kg142 | 2013-06-05 15:08 | アート