川越画廊 ブログ

猛暑日


c0122967_1819529.jpg

岸田劉生 麗子像 木版画 昭30 加藤版 38×29.5cm



フルクサス展と同様に、夏の展示も会期が始まると途端に再び猛暑になりました。
頭が働かないのは猛暑のせいかと思っておりましたが、ビールの飲みすぎのようです。
(やっぱり猛暑のせいか・・)


凝って作った(二重になっている)ものだが、試作品ということで安価で譲ってもらった額縁に、所蔵していた劉生の木版画をセットしたものです。
ところが、以前古書店のカタログにこの作品が載っていたので、切り抜いて額の裏に貼っておいたのですが、カタログの額が当方所蔵のものとそっくりなのです(細部をよく見れば異なっているのですが)。今日この絵の話をしていて、あらためて気付いた偶然です。
常識的には、この作品とカタログの作品は同一のものと思われると思いますが、そうではないのです。
うまく説明できなかったので・・
by kg142 | 2013-08-08 18:57 | アート