川越画廊 ブログ

9月4日





c0122967_19124317.jpg

初日の山中現さん






ガラス絵は旧作です。
c0122967_19211367.jpg

キイロのために  ガラス絵 100×145mm 2009




c0122967_19203820.jpg
 
風を集めて  ガラス絵 145×100mm 2009




c0122967_19214533.jpg

雲のテーブル  ガラス絵 125×100mm 1999




c0122967_19234422.jpg

黄色の人
色彩やマチエールに山口薫に通じるものを感じます。山口薫は一日中庭を眺めているような人だったそうですが、山中さんも静かでやさしい人です。
人物といえば自画像だった旧作と異なり、これは子供を描いたものです。山口薫が娘「あやこ」を描いたように山中現が家族愛を描くようになったのです。
マチエールやテーマが共通するのは、資質や心境が共通する所以の単なる結果と思われます。
by kg142 | 2013-09-04 19:37 | アート