川越画廊 ブログ

1月30日




昨日今日と川越の山屋で囲碁棋聖戦第2局が行われています。
井山裕太棋聖 対 山下敬吾九段  そろそろ終盤かと思われます。
お昼に様子を見てきましたが(もちろん外からだけですが)、中継車がある以外は人気もなく静かでした。
画廊近くの旅館は、以前将棋の名人戦が行われたと何十年も語り継がれていますので、今回の棋戦もこの料亭にとっては名誉なことでしょう。
昨年は妻沼聖天山で、同じ棋士同士で本因坊戦が行われています。
聖天山を建てた斉藤実盛は木曽義仲の育ての親で、戦で義仲が実盛と知らず首を取った悲劇が、平家物語にあるそうです。





c0122967_1410549.jpg

磯辺行久 リト1 1960  42×57cm  ed.5



c0122967_14104590.jpg

磯辺行久 リト2 1961 41×54cm  ed.12



c0122967_14112045.jpg

磯辺行久 リト3 1961 44×59cm -



c0122967_14111695.jpg

磯辺行久 リト4 1960 59×44cm ed.10



c0122967_14124999.jpg

磯辺行久 ワッペン 1965 45×31cm ed.50
以上すべてリトグラフ

額装した作品を掲載しました。
2007年7月28日~9月30日 に東京都現代美術館で開催された磯辺行久展のカタログは、詳細な内容でよく研究されていると思います。もちろん今回展示の作品も(全部で和ありませんが)掲載されています。
当方未だ研究不足で、「この時期の作品の意味」につきましては、次回以降に掲載いたします。
by kg142 | 2014-01-30 14:51 | アート