川越画廊 ブログ

2月18日


c0122967_18275811.jpg

川上澄生(1895-1972) ローマ字初夏の風 
木版画 21.5×15.5cm 1933年 版芸術第14号所収

以下の詩がローマ字で彫られています。少々見えにくいですが。

かぜとなりたや はつなつの かぜとなりたや 
かのひとの まえにはだかり かのひとの うしろよりふく 
はつなつの はつなつの かぜとなりたや 

1926年国画会に出品された最初の作品は、23×35cmと倍の大きさがあります。
棟方志功がこの作品を国画会で見て版画家を志したということで、棟方の初期の作品は川上作品とよく似ています。やがて棟方は仏教思想やねぶた絵の技法などを加味して世界の棟方になります。
画面に文字を彫りこむことと究極のフェミニズムとでもいうものがが棟方に継承されますが、棟方はそれを女人礼賛、女体礼賛というところまで突き詰めています。

ローマ字初夏の風 には落款のあるものなど、いくつかのバージョンがあるようです。




c0122967_1853384.jpg

大沢昌助 赤と青の丸 油彩  27×22cm

画廊草創期を知る方にはおなじみの網代さん(旧姓)が訪ねてくれました。
それでこの作品も里帰りしました。今テキサスのエルパソに住んでいるそうです。
制作年は調べ次第記載します。



*川上澄生は母の死と初恋の人に婚約者のあったことでアラスカに渡り、帰国後もろもろの思いが詩情へと昇華しこの作品が生まれました。フェミニズムという言葉は正しくないかもしれません。
















 
by kg142 | 2014-02-18 19:04 | アート