川越画廊 ブログ

5月31日 最終日



今日が靉嘔展最終日です。
来場者は最後に少し伸びたように思えます。
回を重ねるごとに周知されて行く面もあるので、見飽きたという方もあるかもしれませんが、来年も再び開催いたします。
次回は、ミニアチュールのドローイングを大きな作品と合わせて展示する予定です。





前回の続き
1966年ベニスビエンナーレでレインボーエンヴァイラメントを発表、虹の画家として大きな話題となる。
このころから版画制作を本格化。70年代以降日本国内の版画ブームと相まって、虹の版画家として有名になる。
虹の発見以来、描くのをやめてすべてを虹でカバーするというコンセプトは、現在に至る長い虹の時代にどのように貫かれているのか。
ゴーギャン、ルソー、浮世絵・あるいは写真などを虹でカバーするのはよしとして、動物、レインボーマン&ウーマンなどには独自の形態があるようにも見える。
版画に関しては、色の入った原画があるわけではなく、多くを摺り師の裁量にゆだねている点で描いていないと言えるかもしれない。
多くの既存の形態を虹でカバーしている点で、靉嘔がポップアーチストと呼ばれるのか。
つづく。


昨年来日され、今秋も帰国巡回展を予定されていました木村利三郎先生が、5月14日ニューヨークのアトリエで亡くなられました。89歳。
by kg142 | 2014-05-31 19:36 | アート