川越画廊 ブログ

6月26日



c0122967_17174239.jpg

瑛九 徳利図  水彩 1938年 23×27cm

 
小野里利信ノ為ニ徳利ノ図ヲ描キ彼ニ酒をススム
昭和十三年六月 於北沢 瑛九

左上に 明治神宮参拝記念 のスタンプ

今回の二人展のきっかけとなった作品。



さて

練馬区立美術館は今年開館29年ということで、
現在30周年に向けてのコレクション展連続企画

 
シリーズ時代と美術2 1955-1970年
大沢昌助《人物の構図》を中心に

が開かれています。(7月13日まで) 1階の小展示室 無料

1964東京オリンピック開催、 1966原爆ドーム永久保存決議、 1969アポロ11号月面着陸 ・・
などと その年制作された作品の横に、その年の出来事を記したカードを展示している。

練馬区立美術館には大沢昌助の各時代を通した作品が収蔵されているので、大沢作品を主軸とした展示がなされているものと思います。
大沢絵画は時代の空気をやんわりと織り込んではいても、ルポルタージュ絵画のように何が起こったのかをはっきりと伝えては来ません。

しかし、今回の展示は、油彩画家としての圧倒的な技量で会場を支配していました。
このように同時代の他の作品と並べて展示してみると、ぼんやりとしていた大沢絵画の意味が再発見されるように思えます。
【出品作家】
朝倉摂、池田龍雄、池田幹雄、大沢昌助、岡本唐貴、小野木学、小野具定、オノサト・トシノブ、小嶋悠司、近藤竜男、白髪一雄、清宮質文、高山良策、鳥海青児、鶴岡政男、永瀬義郎、中村忠二、中村宏、古沢岩美、牧野邦夫、三木富雄、水田慶泉、杢田たけを、山口薫、山口長男、山下菊二 (五十音順)





さてさて、
川越画廊も今年30周年なのですが、
さしたる業績もないままの30年ですので、
特に記念展示等の予定はございません。

しいて言えば、今年の展示すべてを30年記念とさせていただけたらと存じます。



斉藤義重氏のご子息で、彫刻家の斉藤史門さんが先週亡くなられたそうです。
福井の松宮喜代勝様からお電話をいただきました。
60歳、胃がんだったそうです。
ご冥福をお祈り申し上げます。
(アトリエ近くのO工房に確認したところ、ご家族、兄弟による密葬を済ませたそうです。)



 





川越画廊のホームページ
by kg142 | 2014-06-26 18:41 | アート