川越画廊 ブログ

6月9日 常設展示


c0122967_16453655.jpg

オノサトトシノブ  64-G  リトグラフ 1964 24×24cm ed.120

展覧会は好評の内に終了しました。ブブノアは今後も研究してまいりたいと思います。


次回はドーミエとスタンランを主にした常設展示といたします。
いずれも挿絵で、ドーミエのLa Caricature (1830–1843)とLe Charivari (1832–1937)の挿絵、スタンランのGil Blas (日刊新聞)(1879 -1940 )の表紙絵を展示いたします。

定年前後になると同窓会が多くなります。朝ドラなどは子供と高齢者が見ているようです。
子供は憧れて、高齢者は回顧的に・・すべての年齢層が青春を見ているのではないか・・

少し苦しいですが、ドーミエとスタンランをそういうコンセプトで展示いたします。


6月中旬-7月の展示
ドーミエ(1808-79)とスタンラン(1859-1923) -青春を見つめて-

■ドーミエのLa Caricature (1830–1843)とLe Charivari (1832–1937)の挿絵、スタンランの
Gil Blas (日刊新聞)(1879 -1940 )の表紙絵をメインにその他コレクションも展示いたします。



*最近名簿の不具合で、案内状をお送りすべき方に一部届いていない方があるようです。
  今後修正してまいります。


川越画廊のホームページ
by kg142 | 2015-06-09 17:36 | アート