川越画廊 ブログ

9月5日 小田襄



c0122967_1923359.jpg

小田襄 ビザンチンの港  アクリル・紙 27×21.5cm  1973




c0122967_1962357.jpg

小田襄  タイトル不詳 ステンレス  18×20×20cm

ステンレスは鏡面になっているので、野外彫刻などでは周りの景色が映って、
マグリットの空 のような状態になります。
(周りの風景とつながって見えたり、突き抜けて後ろの景色が見えているように錯覚したりします。)

(参考画像)
c0122967_19151950.jpg

小田襄 風景の夢 ステンレス H3.8m  1971 札幌



昨今 野外彫刻の弊害が言われますが、小田襄の作品はコンセプトが明確で、
形態はシンプルで奇をてらっておらず、どこに置かれてもうまくマッチングしています。
小品においても同様です。








「マグリットの空」をサイコロに閉じ込めた 池田満寿夫のシリーズは有名ですが、
関根伸夫の「空相」の 空に浮かんだ石 というのは、やはりマグリットからインスパイヤーされているのではないでしょうか。


(参考画像)
c0122967_19385945.jpg

関根伸夫 空想   
2003年/自然岩(50t)、鏡面ステンレス/740×620×250cm 多摩美術大学所蔵  
(同大学サイトより画像転載)
by kg142 | 2015-09-05 19:41 | アート