川越画廊 ブログ

2月9日 陽気なつどい

c0122967_16205430.jpg

大沢昌助 陽気なつどい  1994 アクリル・キャンバス 53×45.5cm
向日葵に集う動物たち。何事も陽気でポジティブな姿勢が大切かと思います。


先日 猪熊弦一郎邸にアトリエを構える大沢悟郎さんが来られ、脇田和猪熊弦一郎が縁戚にあるとお聞きした。 大沢昌助と猪熊弦一郎は親戚なので、大沢昌助と脇田和もつながりがあるということになる。


映像ディレクターの大沢昌史さん(大沢昌助の孫)からフェイスブックのメールを頂戴する。

大沢昌助フェイスブック
https://www.facebook.com/shosuke.osawa/

こちらは国立競技場の壁画のこと
http://www.jpnsport.go.jp/newstadium/tabid/509/Default.aspx

川越画廊のフェイスブック
いつになっても未完成


関根光才氏(関根伸夫ご子息)と大沢昌史氏が、ともに奥田民生を撮っているというのは、どういう偶然なのでしょう。
関根伸夫先生は多摩美時代、大沢昌助の教え子。
by kg142 | 2016-02-09 17:10 | アート