川越画廊 ブログ

長沢秀之展ーヒマク

本日から日記を旧日記からこのブログへ移行しました。このブログはさくねん試験的に作ったものです。


長沢秀之展 
川越市立美術館の会期に合わせて、12日からご覧いただけます。
プレビュー展示として、今日展示が完了。



c0122967_1995189.jpg



c0122967_1910122.jpg



c0122967_19103785.jpg



c0122967_1911630.jpg




近くで見ると、ドットがラフな感じで並んでいるだけに見えますが、距離をとって見ると、点がブラウン運動しているかのようにうごめいて、調和のとれた色彩の氾濫という感じでしょうか。

作者が「距離を置いてみてほしい」という意味が、展示してみると納得できます。

リキテンの作品のように、印刷のドットではない。遠景で見ると点がつながって何かの形になるというものでないから・・

瑛九の点描と並べても引けを取らない。
感情を抑えた新しさがある。
今回は、長沢秀之の新展開が見られます。
by kg142 | 2008-07-10 19:32 | アート