川越画廊 ブログ

瑛九のエッチング

c0122967_181655100.jpg

瑛九 鳥 エッチング 1951年 摺り部数5部 
鉛筆サイン入り 自摺り

右奥にアトリエ、手前にコーヒー、パンとくだもの。
朝を告げるニワトリを中心に据えて、朝食の様子を描いたものか。
すると奥は作者自身、右に描かれているのは都夫人ということになる。

いろいろなシーンをモンタージュして、小さな画面に多くのイメージを描きこんでいる。
画面が一つのショートストーリーになっているのが、瑛九のエッチングの特徴である。

およそ400種類のエッチングを制作したが、自摺り、サイン入りのものは希少で、なかなか入手できない。
しかし、1983年に原版を元に林グラフィックで刷られた後刷り作品は、各60部数あって、比較的入手しやすい。
後刷りであっても、詩情あふれる画面は充分楽しめるので、機会あるごとに後刷りを収集している。
今回、それらの後刷り作品も一部展示いたします。

c0122967_18202188.jpg





川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-09-06 18:22 | アート