川越画廊 ブログ

作品を順次紹介します

c0122967_17153043.jpg

瑛九 色がみ  油彩・キャンバス  1944 10号P

この作品は、「瑛九 作品と評伝」山田光春、「瑛九作品集」久保貞次郎編 などに図版が掲載されている。
サインは無く、キャンバス裏面全体に、別のキャバス地を蝋で貼り付けている。
修復家に聞いたところ、画面の絵の具層にはほとんど修復の形跡が見られない。
通常、キャンバス地の劣化や絵の具の剥離などが激しい場合にこのような処置をするが、この作品に関しては何故このような強力な補強をしたかは、不明とのことでした。

先の「瑛九 作品と評伝」山田光春 によれば、抽象作品の制作を再開したこの時期の作品は、戦禍などによりこの「色がみ」ほか数点を残すのみであって、極めて貴重な作品である。

久保貞次郎の瑛九頒布会シールのほか、美術倶楽部の鑑定証を先般取得した。







川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-09-09 17:38 | アート