川越画廊 ブログ

カテゴリ:アート( 661 )

10月20日



c0122967_15142697.jpg
木村利三郎 CITY207 シルクスクリーン 








c0122967_15145224.jpg
2014年9月の追悼展の展示風景






c0122967_15160646.jpg

木村利三郎氏 2008年ごろ 川越にて


木村利三郎先生は、2014年5月にニューヨークで亡くなられて、アトリエに残された作品はNY在住の友人画家たちの協力で日本へ送られました。
それらの作品の一部が、北海道から九州までの10の美術館に収蔵されました。(現在進行形)
そのうち2館では、企画展示が予定されているとのことです。
今後先生の作品を多くの方がご覧になり、評価が高まってゆくことを期待したいと思います。







川越画廊のホームページ

by kg142 | 2016-10-20 15:41 | アート

臨時休廊



c0122967_19304849.jpg



明日 15日(土)、16日(日) は川越祭り。

近年特に人出が多く、画廊の入り口も混雑で入ってこれない状態となることが予想されますので、臨時休廊いたします。

万が一、遠方よりお祭りに合わせて来場される方があったらと毎年迷うところですが、騒がしく絵を見るような雰囲気でないので、よろしくお願いいたします。
by kg142 | 2016-10-14 19:38 | アート

10月13日


c0122967_1632247.jpg

オノサトトシノブ シルク28 1969  30×30cm ed.160
普通中心に基本となる一つの円が描かれているが、この作品のようなパターンは珍しい。



オノサトトシノブ展は盛況のうちに終了しました。会期中はオノサトの版画を摺られていた岡部徳三さんをご存知の方が、何人か来られました。
岡部さんが亡くなられて10年、オノサトが亡くなって30年、10年が早いと思われるとともに、遠い昔のようでもあります。
何事も少し前のものが一番古臭く、一時代を経ると新鮮に新しく見えるということなので、まさにオノサトは今、新鮮に見られています。

来年もまた、オノサトトシノブ展を開催いたします。



今朝はパソコンが立ち上がらず画面が真っ黒なままで、大変なことになったかと思いました。
ふたを開けて掃除したり、ボタン電池を換えたり・・悪戦苦闘6時間、ブログが書ける状態まで回復しました。

10年物のVISTAパソコンを使っているのは、HPソフトが8.1や10に対応していないためです。
もしも長らくHPが更新されないような場合は、パソコンの事情ということでご理解ください。


先日 アイフォンではHPのボタンが見えないということをお客様よりご指摘いただき、
HPの表紙の下部にもブログにリンクするボタンを設置いたしました。











川越画廊のホームページ
by kg142 | 2016-10-13 17:12 | アート

10月7日 




c0122967_1737196.jpg

オノサトトシノブ 海の石 油彩 1952年 45.5×38cm 




東京国立博物館で 生誕百年記念 小林斗盦(とあん)展 が開かれます。
篆刻界で最初の川越で最初の文化勲章受章者です。

晩年まで週何日かは画廊前を歩いてお店に出られていて、度々お見かけしました。
画廊印の一つは、斗盦工房作のものです。
中国書画コレクションは貴重なものとお聞きしております。


生誕百年記念 小林斗盦 篆刻の軌跡 印の世界と中国書画コレクション
東洋館 8室 2016年11月1日(火) ~ 2016年12月23日(金)


http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1825
by kg142 | 2016-10-07 17:53 | アート

9月30日

c0122967_12146.jpg

油彩・キャンバス 10×10cm 1979年




オノサトトシノブは外出することはほとんどなく、毎日 朝アトリエに入り、終日キャンバスに向かい描き続けたという。

大作は制作に数週間あるいは数ヶ月を要するので、なかなか完成の達成感が得られない。

そこで、ミュニアチュールを描いて精神のバランスをとり、集中力を維持していたのではないだろうか。

オノサトの作品は大作も小品も同じ集中力で端正に描かれていて、手抜きしたものがない。

またそれらは、マスキングなどせずにすべてフリーハンドで描かれている。

多くの人が60年代の油彩・水彩に手作り感を感じるというのは、絵柄や絵具の変化もあるが、70年代以降により技術が熟達したことにもよるかも知れない。

70年代以降もあくまで手作りであり、よりピュアーで現代的な作品になっている。

戦後抽象美術のスタンダードでありながら、古びず愛らしく、多くを語らず、手元で愛でたくなるような作品は、あまりない気もいたします。
by kg142 | 2016-09-30 17:58 | アート

オノサトトシノブ展





オノサトトシノブ 展
Onosato 油彩・ミニュアチュール
2016 9月28日(水)-10月12日(水) 
12:00-19:00 open  日・月 休み

'70~'80年代の10×10cm油彩14点、海の石'52(タケミヤ画廊個展)ほか 

by kg142 | 2016-09-27 17:49 | アート

9月24日


c0122967_18221044.jpg


美術の秋  たくさんの展覧会が開かれています。

今年はパンフレットもたくさん送られてきたように思えます。

そこでテーブルに並べて、ミニ美術館のような雰囲気にして価格など表示せず、格調高めに展示いたします。
(オノサト展の展示)

今日から始まった「さいたまトリエンナーレ」は今年が初回で、パンフも一番たくさんあります。

一度行かれてみてはいかがでしょうか。


さいたまトリエンナーレ
9月24日(土)~12月11日(日)
https://saitamatriennale.jp/





東京都美術館で日本版画協会の版画展が開催されます。

当方の画廊に招待券がございます。

日本版画協会 版画展
10月5日(水)~19日(水)
http://www.hangakyoukai.com/
by kg142 | 2016-09-24 18:44 | アート

9月21日 



c0122967_1451024.jpg



今年は台風の当たり年で山行もままなりませんが、連日の雨でオノサト展の手作りハガキのインクが滲んでいましたら失礼いたしました。

発送した枚数も少なく、手作りハガキは節約というよりも、手軽さと好みによるものです。

額装が出来上がらないものを除き、壁二面に展示しましたが、都合もあり会期までご覧いただけません。
よろしくお願いいたします。
by kg142 | 2016-09-21 14:51 | アート

9月17日

c0122967_1238739.jpg
盛岡城跡の烏帽子岩(パワースポット)


MORIOKA第一画廊の歴史展の会期終了前日、日帰りで出かけた。
ご存命ならこの日がオーナー上田さんの84歳の誕生日とのこと、また盛岡八幡神社のお祭りの日でもあった。

盛岡市内を初めて歩いた。位置関係はよくわかったが、たまに歩いてもあまり減量にはならないようだ。




c0122967_12383993.jpg
画廊のあるビル。
by kg142 | 2016-09-17 12:50 | アート

9月14日 



c0122967_17513615.jpg

雨に煙る真鶴半島先端の三ツ石。 









c0122967_17521730.jpg

靉嘔 アトム  ミックスドメディア 1964頃
by kg142 | 2016-09-14 18:04 | アート