川越画廊 ブログ

カテゴリ:アート( 657 )

7月1日



今年も早半年が過ぎて、夏本番となりました。

あまり期待されているとは思われませんが、展覧会を開催しなければというプレッシャーを常々感じていて、この度は泉茂の版画を展示することといたしました。


c0122967_1815166.jpg
泉茂 エッチング 31×35cm

このエッチングには左下にエディション番号、右下にサインと制作年が1951と記されています。

資料(画業 泉茂1989講談社)によれば、エッチングを始めたのは1953年10月とあるので、この作品は最初期の作品ということになる。(あるいは制作年の誤記だろうか)

いずれにしても1954年には、エッチング集第1集、第2集と刊行し、エッチングによる個展を開催している。
(*エッチング集第2集(8点組)は、今回展示いたします。)
そして、1957年第1回東京国際版画ビエンナーレで新人奨励賞を受賞する。
この受賞作はリトグラフで、短期間にエッチング、リトグラフという版画技法を習得してしまったのである。

1959年の渡米の年には、版画作品によってある程度の知名度を得ていた。

おなじデモクラートのメンバーだった池田満寿夫と同様に、泉茂も版画によって華々しくキャリアをスタートした。
だから、泉茂も版画家になるべきところだったが、そうならなかった。それを断ち切ったのが、渡米だった。

技術にこだわり熟達し、技術をより深めてゆくと、趣味的な作品になってしまうという一部の版画家が陥る危険を察知してのことだった。

よって泉茂の版画は、画家の版画なのである。

洋画家の版画と言えば、写真製版による複製的な版画が一般的である。
泉茂はキャンバスに描いたイメージを、再び版に描いて、自分で腐食するあるいはプレスするという、創作版画家の手法で制作している。それが泉茂の版画なのである。

つづく












川越画廊のホームページ
by kg142 | 2016-07-01 19:17 | アート

6月24日


c0122967_17102530.jpg



泉茂の版画
2016年 7月13日(木)-21日(木) 
18(月) 休み  12:00~19:00 Open


略歴 1922大阪生まれ 3.9大阪市立工芸学校卒、大丸大阪宣伝部勤務 51デモクラート美術協会参加 57第1回東京国際版画ビエンナーレ新人賞 59ニューヨーク移住 63パリに移る旧友菅井汲と交流 68帰国 69現代版画の18人展(京都市美)70大阪芸大教授 71今日の100人展(兵庫近美) 73リュブリアナ国際版画展 788人の目展(ドイツ文化センター) 81現代美術の動向(東京都美) 83津高和一・泉茂・吉原英雄(和歌山近美) 86瑛九とその周辺(埼玉近美) 95没73歳  








by kg142 | 2016-06-24 17:35 | アート

6月21日



c0122967_1984343.jpg
常設展示(一部作品はそのまま)





c0122967_19175817.jpg

前知事がヤフオクで購入したという「北川民次 裸婦とバッタ」 この作品は同じタイトルですが、リトグラフでなくエッチングです。

送料がネックで休んでいましたが、レターパックで送れる小品を、北川民次をメインに近々出品したいと思っております。





c0122967_19181298.jpg
泉茂 エッチング
泉茂の初期から晩年の版画作品を小企画として、近々展示いたします。
by kg142 | 2016-06-21 19:24 | アート

6月10日


c0122967_172588.jpg

靉嘔 アダムとイヴ  リトグラフ手彩色  26×17cm  ed.1

レゾネ#123 アダムとイヴ (下の画像)とは異なる作品。 青と黄はパステルで彩色されている。
裏面に違うリトグラフ(部分)が摺られているので、ヤレの用紙の裏に試作を摺ったものと思われる。

靉嘔と夫人の自画像。後の「レーンボーマン&ウーマン」のもとになった作品。
下の本摺りでは、夫人の手が局部を隠しているので、夫人のクレームが入ったという想像もできる。

貴重な作品。



c0122967_16351485.jpg

レゾネ#123 アダムとイヴ   リトグラフ 1958 25×16cm ed.80
by kg142 | 2016-06-10 16:44 | アート

6月4日 靉嘔展



c0122967_1883420.jpg

永遠の平和 
アクリル・キャンバス 2015 53×45.5cm


靉嘔AY-O展 PartⅤ 
2016 5月19日(木)-6月12日(日)  月・火 休み
12:00-18:00 open 






c0122967_18121446.jpg

とくぞう  シルクスクリーン 1988  額サイズ:34×37cm
摺り師(岡部徳三)の名前がタイトルになっています。
by kg142 | 2016-06-04 18:16 | アート

5月29日 トークイベント

c0122967_13283357.jpg

本阿弥清氏(元虹の美術館館長)がスライドを使ってお話しされました。
靉嘔の版画との出会い、収集、美術館開設の経緯、企画展の事(グループ幻触、もの派・・)、美術品の価格などの事について話されました。終盤に靉嘔先生もご来場。





トーク終了後懇親会。皆さん閉廊時間までお話しされていました。

c0122967_156783.jpg


最後に靉嘔先生を囲んで食事会。先生は翌日福井から来られた方と茨城のアトリエに向かわれました。

皆さまお疲れさまでした。
by kg142 | 2016-05-31 13:50 | アート

靉嘔展 5月25日


5月29日のトーク 定員になりましたので、申し込みを締め切りました。


c0122967_14265987.jpg

宇宙  スイートハート




c0122967_1427598.jpg

奥への通路も片付けて、全体にすっきりと展示しました。

それでも狭い会場ですので、トークイベント参加者は定員10人としました。
イベント中(29日PM2:00-4:00) は、展覧会場を閉鎖いたします。














c0122967_16341774.jpg







深沢幸雄 銅版画の魅力
佐倉市立美術館



《憂愁市街(迷路)》 1985年  74×49cm 
by kg142 | 2016-05-25 14:34 | アート

靉嘔展示




c0122967_19123984.jpg

一部の壁面 展示しました.
by kg142 | 2016-05-11 19:14 | アート

常設展示中


c0122967_17405586.jpg

オノサトトシノブ  建畠覚造   難波田龍起








連続企画 靉嘔AY-O展 は5年目の今年 PartⅤで一応完結いたします。
今回は、近作タブローをメインに展示いたします。


c0122967_17431290.jpg


 靉嘔AY-O展 PartⅤ 
2016 5月19日(木)-6月12日(日)  月・火 休み
12:00-18:00 open
 
  近作油彩20点 + α

 会期中トークイベントを開催します。
 5月29日 pm2:00-3:30
 本阿弥清氏トーク  「現代アートの魅力と虹の美術館活動」
 
 定員10人(参加費1,000円 ドリンク付き)
 申し込みはメールのみ。 info@kawag.net
   
    
 
 
 本阿弥清: 建築家、コレクター、美術研究家。
 コレクターが高じて2000年~2005年の間、期間限定の虹の美術館を静岡市に開設した。
 5年間に多くの展覧会やシンポジウムを開催したが、特に石子順造とグループ「幻触」についての調査研究 は注目されている。
 靉嘔のオーラルヒストリーのインタビューも担当。


 虹の美術館 http://www2u.biglobe.ne.jp/~honnamik/
靉嘔オーラル・ヒストリー  http://www.oralarthistory.org/archives/ay-o/interview_01.php









川越画廊のホームページ
by kg142 | 2016-04-27 18:15 | アート

4月23日

展示中
c0122967_13463588.jpg

長沢秀之 L-98-21  油彩キャンバス 50×60cm
http://nagasawahideyuki.net/


昨日銀座へ行ったので帰りにカラバッジオ展を見た。
前評判がいいと期待が大きすぎて、実見するとガッカリする場合が多い。今回はガッカリはしないが普通に見えた。普通に見えるということは、現代的ということなのだろうか。
2階の常設展にある、同時代のルーベンスの作品の方が見やすいように思えた。(眠る二人の子供)

興味深かいのは、裁判記録などの資料の展示。
「警官が剣をさげているカラバッジオに職務質問したら、所持の許可証を持っていないので投獄した。」というのがあったが、400年前に許可証があったことや、こういう記録が今までのっこっていることに驚く。
こういうのもあった
「レストランで、出てきた料理をオイルで炒めたのか、バターでいためたのかと聞くと」
ウエイターが「においをかげばわかるでしょう」と言った。するとカラバッジオがウエイターに皿を投げ付けた。
というのである。






国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html
カラバッジオ展
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2016caravaggio.html



川越画廊のホームページ
by kg142 | 2016-04-23 16:15 | アート