川越画廊 ブログ

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2008年11月28日

c0122967_19452394.jpg

瑛九 鐘のひびき
1957年 リトグラフ  39×27cm





昨日は銀座へ車で出て、最後に
BLDギャラリーで「写真屋・寺山修司/摩訶不思議なファインダー」展を見た。
新聞に大きく取り上げられていたからです。
(感想は後日)

右へ左へと進路変更して急ぐ車が、信号で止まると一台前にいたりすることがある。
だから、「急いでも同じなんだよ、のんびり安全運転で行きましょう」と一般には言われる。
でも見方を変えれば、競争に勝って一台前に出ることが、いかに大変かということでもある。
当人は、どこかに遅刻しそうで必死なのかもしれない。

車を運転していると暇なので、あれこれいろいろ考えてしまう。
結局は単純なことで、早く出発すればよいのである。

今日、経師屋のYさんに作品の修理を頼んだら、すぐに来てくれて一瞬のうちに直してしまった。さすがプロだ。下手に素人考えで、いじらなくて良かった。
Yさんは、70歳にして毎朝30キロのジョギングをしているそうで、北海道で千何百キロを11日間で走る大会では、7,000人の参加者のうちの完走者の15人に入ったそうである。
東京マラソンは、次回も連続出場するそうである。

美術の話題でなく失礼。
写真は、昨日仕入れたリトグラフです。













川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-28 20:33 | アート

2008年11月25日

このところアートフェア、オークションといろいろ開かれているようです。
あるオークションに入札したら、低めに入れたにもかかわらず皆落札してしまいました。(何点でもありませんが)
やはり全体に弱含みなのかもしれませんね。

先日は(たぶんこのブログを見たのか?)はじめてこられた方が、私のことを80歳くらいかと思っていたといわれましたが、まだそんな年ではありません。
24年もやっているというと、そう思われるのかもしれません。

若くもありませんが、1984年に29歳で開廊しました。ブログの写真は私が撮っているので、自分は写りません。
1984年には「風の谷のナウシカ」が劇場公開されたんですね、昨日テレビで言ってました。

昨日板橋区立美術館へ行きましたが、1984年開館なんですね。
現在「新人画会」展が開かれています。戦時中に3回開かれてた展覧会の出品作を特定しようという試みです。この会のメンバーがすごいです。(靉光、麻生三郎、糸園和三郎、井上長三郎、大野五郎、鶴岡政男、寺田政明、松本竣介)
当時貸会場だったという資生堂ギャラリーも再現されています。
それぞれの代表的作品も展示されています。鶴岡の「重い手」もありました。

人ごみが苦手で、上野やアートフェアに行きにくいものとしては、なにより人が少ないのがいいですね。
少々アクセスが不便であったり、壁が汚れていても、時流に乗らないこのような企画をされる美術館には好感が持てます。




川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-25 19:49 | アート

2008年11月22日

木村利三郎展は終了いたしました。
会期後半に盛り上がりを見せたので、この連休も開催できれば良かったのですが、
日程の都合で、金曜日が最終日となりました。

今日はいくつか用事があって都内に出ましたが、銀座の歩行者天国など大変なにぎわいで、
金融危機下の不景気は、町の様子からは感じられません。
まだ11月なのに、イルミネーションがきれいで、寒いせいもあってか、クリスマスの頃のような雰囲気でありました。


日、月 休廊いたします。





川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-22 20:48 | アート

2008年11月16日

2001年9月11日木村利三郎氏は、アトリエのあるアパートの屋上から、同時多発テロを目撃したとのこです。
いまさらながら、単なるハイジャックでなく、ビルに飛び込むことを知った乗客たちの心境はどのようなものだったのでしょうか。
立ち並ぶビル群を目に焼き付けたとしても、もう死んでしまったのです。


c0122967_1747223.jpg

City499 MANHATTAN NYC  シルクスクリーン






木村氏は1964年東京オリンピックの年に、今から見ればまだ発展途上の日本を発って、摩天楼のニューヨークへ行きました。
それから40年、600種類に及ぶニューヨークを描いたシルクスクリーンを制作しました。
それらの「Cityシリーズ」は、おおむね都市を空から俯瞰したような構図で描かれています。

グーグルアースもない時代、飛行機から眺めた風景と見るのが自然ではないでしょうか。
木村氏が初めて空から見た摩天楼の衝撃が、その後の表現を決定づけたのではないでしょうか。

外国オンチな私ですが、今は上海やドバイなども摩天楼の都市に変貌しているとのこと。

何百年、何千年あとに、自由の女神が砂に埋まって、磁気記憶装置が劣化してしまったとしても、木村利三郎の膨大な作品によって、ニューヨークという都市が記憶に残ることになったわけです。

個人の執拗な営為やアートの力は、そういうことに作用するのかもしれません。


http://jp.youtube.com/watch?v=uODaF5p5kNc







今日は、「朝鮮通信使」のパレードがありました。
知った顔も参加されていました。
最近は観光のためか、いろいろとイベントがあり、
来週は、「チンドン屋フェスティバル」だそうです。


c0122967_181134100.jpg



c0122967_18115025.jpg



c0122967_1812675.jpg








川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-16 18:18 | アート

2008年11月14日

昨日今日と旅行の話をされる方が多かった。

49歳独身、哲学の研究をされているというNさんは、先日講演を聴きに京都に行って来られたとのこと。
夜行の高速バスで行き、講演までの間南禅寺あたりを散策、夜はオールナイトの映画館ですごし、翌日は三十三間堂、弥勒菩薩などを見て、また夜行バスで帰ったとのことです。
本人も言っておられましたが、まるで学生のような一泊旅行。
ところが、利三郎先生のエッチングを買ってくださるというではありませんか。(私は勧めていません)
エッチングの代金20,000円也は、旅行の総費用を超える金額であります。
こうなったら、ビールで接待しかありません。
楽しい旅行の話を聞いて、私も行った気になりました。ありがとうございました。

c0122967_18574576.jpg

City327D  エッチング・手彩色  15×15cm  15,000円(額付)





木村利三郎氏とおなじく、ニューヨーク在住のぎゅーちゃんこと篠原有司男氏のサイトを運営している方が、メールを送ってくださる。
最近テレビに出演したそうです。
http://vimeo.com/2207626


こちらは、秋山祐徳太子のテレビ出演の様子。
http://www.mxtv.co.jp/iitai/douga/index.html








川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-14 19:02 | アート

相笠昌義展

多摩美術大学美術館で相笠昌義展が開かれています。
2008年11月12日~27日 http://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/default.htm

昨日 カメラのバッテリー切れで、オープニングの様子は撮れませんでした。

c0122967_15561321.jpg


c0122967_1556254.jpg

ゴリラを見る人々 1975年




受付で市立美術館のSさんとバッタリ。
新春早々に川越市立美術館で、相笠先生のデッサンの講座が開かれるのだそうです。(たしか5回?)
芸大入学前から近作まで、厳選された作品が並んでいました。
以前 八重洲ブックセンターで画廊をされていたUさんが来られていました。
相笠先生の「文明嫌悪症」(版画)のシリーズの展覧会は、Uさんが最初にされたのだそうです。






川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-13 19:38 | アート

木村利三郎展初日

木村利三郎展 会期中は 月曜日のみが休廊です



土曜日の
木村利三郎トークとパーティーの様子。
先生には金曜、土曜と夜遅くまでサービス精神たっぷりにお話しいただき
参加した方も楽しまれたと思います。
照明不足で少々ピンボケになってしまいました。


c0122967_1238966.jpg

トーク前の散歩の途中 

c0122967_1238303.jpg

トークの様子

c0122967_1239190.jpg

トークの様子

c0122967_1239168.jpg

パーティー

c0122967_12393029.jpg

パーティー


c0122967_12394843.jpg

パーティー


c0122967_12401695.jpg




c0122967_12403827.jpg

9時過ぎまで残った方々
3時からだと6時間です。
木村さん(先生と言ってはいけないといわれておりました)お疲れ様でした。




昔の渋谷時代の同僚Mさん、版画芸術の方、久保先生関係の方・・
翌朝にサンデープロジェクトに出演されるという方まで、遠路また遅くまでみなさんありがとうございました。




川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-09 13:26 | アート

展示風景

木村利三郎展 ほぼ展示しました。
油彩・水彩・版画(シルク、エッチング・手彩色)です。

まだ一部額装作業が残っていますが・・
キャプションも・


c0122967_1820975.jpg


c0122967_18202336.jpg


c0122967_18203775.jpg


8日のパーティーは
ワインとチーズだけの簡素なものです。

多摩川アートプロジェクト → http://tamagawa-art-line.jp/で 関根伸夫の「位相ー大地」が見られるそうです。




川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-06 18:39 | アート

木村利三郎 トーク

11月8日(土) pm3:00~
木村利三郎 トーク 「私のニューヨーク」 をいたします。


在ニューヨーク44年の木村氏が、
東京オリンピックの年の渡米から現在までのことをお話しされます。
参加無料 どなたでもご参加いただけます。
どうぞよろしく。

木村利三郎サイト → http://risaburo.net/index.htm





川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2008-11-01 19:11 | アート