川越画廊 ブログ

<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夢の会話

c0122967_17364434.jpg

瑛九 夢の会話
リトグラフ 1956年 42×26cm  ed.3/6  スタンプサイン

だいぶ以前 瑛九の版画は、どこか神経質でなじみにくく感じられた。
もともと日本では、シュールリアリズムというのがあまり人気がなかったように思われる。
ところが昨今、シュールっぽい作品の氾濫で、
瑛九の作品の何と安心して見られること。
しっとりとした詩情が漂っていませんか。



今春は市内に三つの画廊がオープンする。
「呼友館」というのは、吉岡正人という人でオープンするそうで、美術館のような立派なパンフレットをもらった。「ギャラリーR+」というのは劇団関係の人が経営するらしい。
小林画廊さんは、浮世絵、オールドマスターの版画、駒井哲郎などを扱うらしい。

先日は、高崎で購入したビルでギャラリーを開設したいという人と現地を見てきた。
高崎は地方再生の国の資金が下りたとかで、何百億かけて駅周辺を整備している。駅の両側に美術館があり、人口は川越と同じだというのにビルが立ち並び、街の様子は圧倒的に立派だった。それでも歩いている人は少ないように見えた。

それはともかく、高崎へ向かう途中の車でNHKラジオを聴いていたら、名前を忘れましたが
障害を負って車椅子生活になった人が、
「自分は障害を負ったことで生かされた。以前の自分であったら生きてゆけなかった。」というような内容の話をされていた。

花の種が暗くしないと芽を出さないとか。ある時から親鳥が子鳥に餌を与えなくなるとか。
我々凡人のレベルでは、障害でなくとも、困難とでもいうものは、生きろとか新しいステップに踏み出せとかいうことを促す刺激なのではないだろうか。

ちょっと飛躍かもしれませんが、不景気な時に画廊が増えるというのも
困難が新しいものを生み出す刺激になっている、とも言えるのではないでしょうか。









川越画廊のホームページ
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-31 18:17 | アート

田中屋コレクション展

川越菓子屋横丁の近くの高澤橋のたもとに、砂糖問屋を営む旧家田中屋があります。
亡くなったご主人田中利明(1944-1998)氏は、小村雪岱、岩崎勝平を収集されて個人美術館をされていましたが、近年閉館して、作品が市立美術館に寄託されました。

現在それらの作品によって、「田中屋コレクション展」が開催されています。
2月1日(日)には、「田中屋コレクションあれこれ話」
という座談会が開催されます。
先ほどS氏の情報によると、山下祐二氏なども来られるとか。
まだ定員に満たないそうですので、ご興味のある方は 049-228-8080 まで。

雪岱は昭和の春信といわれていますが、今朝の毎日新聞に「春信」というのは俳句の季語だそうで、春の便りということらしいです。(読みが違うのかもしれませんが)
新春の企画にはぴったりということです。











川越画廊のホームページ
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-28 19:47 | アート

2009年1月23日

今年は景気が芳しくないということで、例年に比べ早くから活動を開始したため、
一月が長く感じられます。
あまり過剰に反応して、節約節約というのも何かいじましく感じられてしまうかもしれず、
少々反省であります。

昨日の交換会も出来高は多くないかもしれませんが、雰囲気は良かったように思いました。
世紀末美術も一段落して、バブルの部分もとれて、コアなネットの部分にとっては良かったということでしょうか。

「以前に戻っただけだ」とか「それなりの価格であれば購買欲は出てきている」とか聞きましたが、当画廊もいつもの(企画展示をしない)正月に比べ売上が発生しています。

偶然、彫刻センターがあった所の画廊で、彫刻家のS氏が展覧会をしているのに遭遇、
ずいぶん久々にお会いしました。
所沢から千葉へアトリエを移したそうですが、お話の内容はバブルもデフレもネオトニーも関係なく、
以前と連綿と繋がっているのでした。

その後INAXギャラリーを覗きましたが、ここでは銀座通りを眺めながら、いい雰囲気でコーヒーが飲めるのでした(それもお安く)。
ここも健全でありました。




川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-23 18:43 | アート

2009年1月18日

2009年1月より
月曜日、火曜日を定休日とさせていただきます。

萩原英雄展終了しました。
作品の一部は、引き続き展示いたします。



c0122967_22411944.jpg











梅花ウツギ の花
ガーデニングのランキングにも参加しています































川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-18 22:43 | アート

2009年1月16日

お昼にうどん屋へ行き、スポーツ新聞の王貞治の自伝の連載を読む(何のスポーツ紙か忘れました)。この連載を飛び飛びで読んでいる。
次に本屋へパソコン本を買いに、
勝間和代の本を立ち読みしたら、「問題を具体的な方法論に落とし込むこと」(正確でないかもしれませんが)という箇所が目に止まった。
日経新聞の「私の履歴書 ハワード・ベーカー」は毎日読んでいる。

さて展覧会は少々中だるみか。

今日画廊の前で、映画のロケがあった。
どういう映画か分りませんが、岸恵子さんがいたとのこと。私は確認していませんが。


c0122967_2043257.jpg






川越画廊のホームページ
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-16 20:18 | アート

2009年1月12日

本日祝日ながら営業中です。
祝日なのか新年のためか、久々の方も来廊されます。

幸い半数近くの作品にご予約をいただいたこともあり、
ヤフーオークションへの出品は、都合により残った作品を後日出品とさせていただきます。

昨年末に久々に「堀井英男のエッチング」を試験出品しております。

こちら→  http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/kawagoeg

今年はここに、いろいろと出品してゆきたいと思っております。





萩原英雄版画総目録Ⅰ の序文に三六富士のことが書かれていますので、以下に抜粋します。


「・・・そこには彼の幼き日への思いがあるように思う。
少年の日、父の任地である朝鮮の各地を転々としながら、はるかに思うふるさとには常に富士があったのだと思う。
僕はかつて、二度ばかり萩原さんと一緒に、富士山をめぐる旅をしたことがあった。
それから十数年後、執念ともいえる富士の連作を導いたのは、母の姿を含めた”ふるさと”への思慕であったと思えるのである。
それは彼の内なる富士-ふるさとの山への強い回帰の想いであったのだと思う。・・」
(長坂光彦)












川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-12 15:57 | アート

萩原英雄 三十六富士 全画像

萩原英雄 木版画集「三十六富士」 木版画36点セット
1981-86年 イメージサイズ:35×47cm ed.100
作品下に 鉛筆サインとタイトル、エディションNo 





川越画廊 
埼玉県川越市連雀町14-2 〒350-0066
☎049-225-3260 http://www.kawag.net/  info@kawag.net 







c0122967_1432073.jpg

1. 煤煙の彼方に  




c0122967_14115579.jpg

2. 明と暗と      



c0122967_14191434.jpg

3. みぞれ来る    




c0122967_1421666.jpg

4. 八王子初秋    




c0122967_14241760.jpg

5. ビルの谷間に   




c0122967_1425913.jpg

6. 山又山       











c0122967_1427356.jpg

7. 雲遊ぶ       




c0122967_14285329.jpg

8. 篭坂慕情     




c0122967_1430420.jpg

9. 朝霧野焼      




c0122967_14313631.jpg

10. 煙立つ      
  




c0122967_14355822.jpg

11. 暮れ残る    




c0122967_14383237.jpg

12. 二合目快晴   




c0122967_14394113.jpg

13. 御殿場初冬   




c0122967_14404873.jpg

14. 三坂残月    




c0122967_1442876.jpg

15. 夏草夏雲     





c0122967_14442585.jpg

16. 薄晴れ     





c0122967_14491321.jpg

17. 山中湖暁雲   





c0122967_14502568.jpg

18. 花霞        





c0122967_14514172.jpg

19. お山は小焼   






c0122967_14524761.jpg

20. 名残りの花    





c0122967_14535648.jpg

21. すそ野秋風   





c0122967_1455446.jpg

22. 忍野への途   





c0122967_1457520.jpg

23. 高速終点近く   






c0122967_145957100.jpg

24. 十里木秋雲   




c0122967_151614.jpg

25. 県境錦秋     





c0122967_1541146.jpg

26. 笛吹川余情    




c0122967_1554050.jpg

27. 両後幻想     




c0122967_1565173.jpg

28. 河口湖黄昏    




c0122967_158566.jpg

29. みのりの時    











c0122967_1591581.jpg

30. 伊豆雲煙     




c0122967_15105990.jpg

31. 木枯らし吹く日  




c0122967_15122888.jpg

32. 春日遅々     




c0122967_15134021.jpg

33. 小春日和     




c0122967_151502.jpg

34. 石和早春     




c0122967_15154510.jpg

35. 鯉泳ぐ      




c0122967_1516256.jpg

36. 空燃える     














川越画廊のホームページ
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-10 15:35 | アート

2009年1月8日

額装分が夕方届き、さっそく展示
額に入れると立派です。




c0122967_19572436.jpg



c0122967_19574256.jpg





川越画廊のホームページ
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-08 20:03 | アート

2009年1月7日

本日仕事始
本年もよろしくお願いします。


c0122967_182473.jpg




萩原英雄 三十六富士 木版画展 
1月10日(土)~18日(日) 13(火)、14(水)休み

■富士を描いた36枚の木版画シリーズ。
制作年:1981-86  イメージサイズ:35×47cm  Ed.100(8/100) 各作品共通





今回の会期中は、試験的に
日曜日、祝日はオープンし
会期途中の平日に休廊日を設けました。



c0122967_18495996.jpg

八王子初秋  



c0122967_18502523.jpg

県境錦秋   


c0122967_185512.jpg

伊豆雲煙   


萩原英雄
 
1913(大正2)年 山梨県甲府市に生まれる
1932(昭和7)年 19歳 白日会第9回展に油彩「雑木林」出品、光風会展第19回展に油彩「上り道」出品
1938(昭和13)年 25歳 東京美術学校(現東京藝術大学)油画科卒業
1951(昭和26)年 38歳 銀座資生堂で「萩原英雄(油彩)」個展開催
1956(昭和31)年 43歳 銀座養清堂画廊で「萩原英雄版画」個展開催、日本版画協会、第24回展出品、以後、第43回展を除き出品を重ねる
1960(昭和35)年 47歳 第2回東京国際版画ビエンナーレで神奈川県立近代美術館賞受賞
1962(昭和37)年 49歳 第7回ルガノ国際版画ビエンナーレでグランプリ受賞
1963(昭和38)年 50歳 第5回リュブリアナ国際版画ビエンナーレでユーゴスラビア科学芸術アカデミー賞受賞
1966(昭和41)年 53歳 第5回東京国際版画ビエンナーレで文部大臣賞受賞
1967(昭和42)年 54歳 第1回チェコスロバキア国際木版画ビエンナーレでグランプリ受賞
2007(平成19)年 11月東京で歿、享年94歳


関連事項
吉祥寺美術館
山梨県立美術館















三鷹市美術ギャラリーでアイオー展が開かれています。


c0122967_19224487.jpg

オープニング挨拶での ミニパフォーマンス(右が森氏)




c0122967_1923184.jpg

レインボー北斎




森秀貴氏の寄贈作品を主に、アイオーの喜寿を記念した展覧会。
版画が主であっても、個人コレクターの寄贈によって美術館にアイオーのまとまったコレクションができたことは、2009年最初の良いニュースです。














 



川越画廊のホームページ

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
by kg142 | 2009-01-07 19:32 | アート