川越画廊 ブログ

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2009年11月28日




c0122967_1919040.jpg

靉嘔  積分
水彩・和紙  1958年  28×37.5cm  額装  






今朝は視界が良く、通勤途中の高架の上から秩父の山がよく見えた。
100名山に入っている秩父の山は、雲取と両神だ。

「・・・・それはギザギザした頂稜の一線を引いているが、左右はブッ切れている。
あたかも巨大な四角い岩のブロックが空中に突き立っているような、一種怪異なさまを呈している。
古くから名山として尊崇されているのも、この威圧的な山容からであろう。
それはどんな山岳重畳の中にあっても、一目ですぐそれとわかる強烈な個性を具えている。」
(日本百名山 両神山  深田久弥)
とあるが、どの山かわからない。



今日は来場者が多かった。
それぞれ今日は時間が取れたとか、天気が良かったとか、ついでがあったとか、
もちろん、靉嘔に関心があって是非にと来場された方とか、いろいろなのだろう。

展覧会のたびに、ほとんど来場者のない日と、終日人が切れない日とある。
こういうのを共時性というのだろう。(たぶん)


日経の私の履歴書の11月は益川英敏氏で、何日か前に
ノーベル賞の授賞式にストックホルムへ行ったのが、初めての外国訪問だった。
というようなことが書かれてあった。

今日、来場者3~4人と雑談していたときに、
川越画廊がアートフェアにも出ないで、地味にやっている言い訳に
ローカルにあっても普遍性は見いだせるし、完結もできるはずだ。
というようなことを、益川先生を思い出して、カッコよく言ってしまった。(みなさんは忘れているでしょうが)

そしたら

最後に来場されたNさんが、
創造美育の1962年のセミナーの講師が、坂田昌一という科学者である
という話をされたのである。

坂田氏は、益川先生が履歴書に名大時代の恩師として書かれている方なのである。

これも共時性というのでしょうか。
by kg142 | 2009-11-28 20:14 | アート

2009年11月25日








c0122967_19321544.jpg

靉嘔  志賀キット
1976年8/23~28 志賀高原ホテルで行われた「ユーモアについて」のゼミナールの記録
カセットテープ、8ミリフィルム、写真・・

参加者は、靉嘔、エメット・ウイリアムス、久保貞次郎、岡部徳三、助田憲亮・・・ほか


先日この参加者名簿に載っているUさんが来場されて、
「横浜美術館 長谷川潔コレクション物語」の連載コピーを頂戴した。
Uさんは学者肌の方で、日本の現代版画を語る上で欠かせない方だと思いました。


昨日は都内に出ましたが、どこもよらず戻りました。
先日のアートフェアも行かなかったし、時期によって
出不精になることもあります。







c0122967_2003975.jpg

多福寺 地蔵堂 (散歩で撮った携帯画像)

川越芋をどこで買ったらいいかとよく聞かれますが、
地蔵堂の近くに芋街道があり、川越芋の旗が並んでいます。
三芳町というところです。
by kg142 | 2009-11-25 19:59 | アート

2009年11月20日 靉嘔展







c0122967_18585921.jpg

展示風景 リトグラフ






靉嘔展初日
靉嘔作品を所蔵されているとか、南画廊の展覧会からみているとか
それぞれに作家への思い入れのある熟年の方々、遠方からの来場者もあった。

靉嘔先生は大学の大先輩でもあり、私にとっても思い入れの深い作家だ。

明日からの連休は、川越の蔵造り通りが歩行者天国になるので、お出かけになってはいかがでしょうか。



展覧会中は受付に座って読書しようと、図書館から何冊も借りてきている。
今日は「八ヶ岳倶楽部Ⅱ それからの森」(柳生博著)を読んだ。
前作はサイン本を八ヶ岳まで買いに行ったが、そのパートⅡである。

著者は、13歳のときに土浦から一人旅をした八ヶ岳の記憶がよみがえって、40歳で家族で移住。
下の茶屋というところは最初は湿地で、丸太を扇状に埋めての水抜きから初めて、
中の茶屋、八ヶ岳倶楽部と数千本の雑木を人力で植えていったというから驚きである。

個人の美意識と情熱が生んだ成果で、まさに哲学書になっていると思う。
by kg142 | 2009-11-20 19:49 | アート

2009年11月15日









c0122967_18155941.jpg

靉嘔展 展示風景




c0122967_111322.jpg

靉嘔展 展示風景




c0122967_11163681.jpg

一番手前の作品
靉嘔  イーストリバー 1958年 水彩画  28×37.5cm

1957年にデモクラートが解散して、翌1958年
靉嘔はニューヨークへ渡ります。
今回展示の水彩は、NYで最初に制作された作品です。






靉嘔展 ほぼ展示完了。
初期の水彩と最近作のタブローがメインの展示となりました。

さっそく、アート散歩の団体が来場されました。
by kg142 | 2009-11-15 12:06 | アート

2009年11月8日




11月は何かと不在がちになっております。
今年は試験的に休日を月曜、火曜としておりますが、
来年は「つばさ」も終わったことですので、
休日を改めて設定したいと思います。

今月の「靉嘔展」も変則的な会期となっております。
サービス業が何をやってるんだとお怒り、ご心配の向きもあるかと存じますが、
本年当初の景気低迷予測をよいことに、あくまで実験的とご理解いただけたら
幸いです。








c0122967_19301413.jpg

靉嘔  奇数   水彩  1958年  37.5×28cm
by kg142 | 2009-11-08 19:53 | アート