川越画廊 ブログ

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010年1月31日




日曜日はゆったりとした気分が流れていて良いものです。
多くのサラリーマンが休日なので、ストレスが飛散されていないのでしょうか。
通勤で通るバイパスも、通行料が無料化されてから混雑していますが、日曜日はわりとすいすい来れます。

昨年は「NHKのつばさ」効果ということで日曜日を営業して、月,火を休廊日としていましたが、
今年から元に戻して、日、月を定休日にさせていただきます。

今回もそうですが、展覧会会期中は別途休日を設定いたします。
変更するとすぐに認知されずに、ご迷惑をおかけする場合もあるかもしれませんが、
よろしくお願いします。

ヤフーオークションへの出品は、うまく画像がアップされなかったりで、
滞っていますが、今後何点か出品予定です。





というわけで、
明日から2月、春まじかですが
花粉症の心配な季節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

ブログを13個も開設しているというNさんが、
これからはツイッタ―の時代だ というので
今度始めることにしました。

ホームページ、ブログ、ツイッターとどんどん進化してゆきますが、
キーワードは より手軽に ということでしょうか。

いまだHPを開設していない画廊さんも多いし、ブログもそうです。
やはり更新が面倒なのだと思います。
そこでツイッターの登場ということでしょうか。

鳩山首相もツイッターをしていると話題になっていますが、
いわれているよう、にツイッターが社会にどんな影響があるのか、よく理解できません。

ただ長文は読むのも面倒、書くのも面倒、
ということだけは確かです。
by kg142 | 2010-01-31 15:02 | アート

2010年1月27日





木版画いろいろ 創作版画をメインに
2010年1月28日~2月7日  会期中無休



c0122967_15111461.jpg

展示風景1





c0122967_1594228.jpg

展示風景2




c0122967_15102497.jpg

展示風景3



日本には日本版画協会、日版会など版画専門の絵画団体があります。
版画制作を専門とする版画家がおおく存在します。

版画はタブローの二次的なものと思われがちですが、
版画には版画でしか表現できない世界があります。
重厚な1点ものを好む人のある反面、軽い版画を好む人もまたあります。



たとえば
c0122967_15131261.jpg

平塚運一 (1895-1997 )  臼杵石仏  木版画 1940年 9×11cm

こんな小さな画面でも、実際に臼杵を訪ねたような詩情を感じることができます。



今回、出品作品の一部を
会期中 ヤフーオークションへ出品予定です。
by kg142 | 2010-01-27 16:20 | アート

ロウバイ






c0122967_21231911.jpg

公園を散歩してロウバイの花を撮りました。
by kg142 | 2010-01-25 21:25 | アート

2010年1月20日





c0122967_19153963.jpg

平塚運一 松江風景  木版画  1927年




今年最初の展示は、

「木版画いろいろ 創作版画をメインに」 1月28日~2月7日  会期中無休

を開催します。
画廊コレクションからの展示ですので、以前に展示したものも含まれますが、
今回時流に合わせて、価格改定いたしました。

昨日案内はがきを発送しましたところ、一部に誤記のご指摘を受けました。
失礼いたしました。
by kg142 | 2010-01-20 19:26 | アート

2010年1月16日




今日から川越市立美術館で「脇田和展」が開催されています。
2010.1.16-3.14


所蔵作品展「近代日本の美術」 (東京国立近代美術館)
2009.12.19-2010.2.14
に長沢秀之の作品が展示されています。


相笠昌義展―日常生活―
2010年1月9日(土)~2月21日(日)
損保ジャパン東郷青児美術館
が開催されています。


小村雪岱とその時代  埼玉県立近代美術館
2009.12.15-2010.2.14
開催されています。

雪岱は川越の出身で、花柳界に生きた人です。
(雪岱の葬儀(昭和15)は、東京中の芸者が集まったのではないかと思われるほどだった、といわれています。)

雪岱は昭和の春信といわれていますが、
浮世絵師喜多川歌麿も一部の文献に川越出身とあります。(否定されているとも聞きますが・・)
歌麿は青楼の画家と言われています。

幼少のころ母親と別れていること、花柳界に生きたこと、没年齢が同じこと。。
二人にはなぜか共通点が多いのです。

以下想像の世界ですが、
雪岱は、歌麿が川越出身であることを知っていて、
その人生をなぞったのではないか、と
思われるのです。

このことは、今後検証すべきテーマでもあります。
by kg142 | 2010-01-16 17:32 | アート

2006年1月8日





c0122967_1120427.jpg







昨年の決算は思ったよりも悪いようだ。
毎月の売り上げなど見ないで、キャッシュフローが順調であれば
安心してしまっていた。
考えてみれば、売り上げがあっても
利益が上がらなければ、赤字になってしまうわけだ。
もちろん売り上げも下がっているから、ダブルパンチだ。

一月が最後の展覧会で、閉廊するという葉書が二通届いた。
ビルの建て替えとか、事情もあるようだ。
余裕のあるところは、
こんな儲からない商売はやめたほうがいいと思うかもしれない。

一方
ある画商さんは、いくら不景気でも
生まれ変わっても、また画商になりたいと言っていた。
美術品を扱って生活できるなんて、こんな素晴らしい仕事はない。
というのである。

同感である。
細々とではあっても、美術にかかわって生活できていることを
感謝しなければならない。

さて
経済に詳しい人の意見を参考に、想像を交えて
今年の景気を予測すると・(知識もないのに無理があるかもしれませんが・・)

新興国の成長と強烈な需要は、リーマンショックを
打ち消してしまった。
家電の市場規模は、北米とヨーロッパをアジアが上回ったそうである。
車の販売台数は、インド、中国は二桁成長とのこと。
カローラをプリウスに替えるのと違い、
新興国には強烈なdesireがあるのだ。

それに伴って日本の輸出は大きく伸びている。
地の利と技術力はどこよりも勝っている。
すると、日本の株価の回復が力不足なのはおかしい。

年金基金などのお金が行き先を探している。
世界的な金融緩和と財政出動、日本の大型新年度予算、

きっかけはなくとも
日本の株価は、このままずるずると上昇してゆくだろう。
夏以降は驚くほどになる。

というのが、今年の予想です。
失礼しました。
by kg142 | 2010-01-09 12:23 | アート

2010年1月6日





謹賀新年
本日から新年の営業を始めました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

初日ということで朝から来場者、
接客の一日でした。
一月前半は普段怠けているので、この入金は何の売上か
この引き落としは何なのか、とか
決算事務が大変です。
by kg142 | 2010-01-06 19:44 | アート