川越画廊 ブログ

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010年3月31日




c0122967_18443865.jpg

今日は彫刻棟のオープニングの
石割式 がありました。

大きな石にくさびを入れて割るイベント
右から田中・平井・岩間 の彫刻家の方々。

その後のパーティーは胃弱のため行けず。
by kg142 | 2010-03-31 18:49 | アート

2010年3月30日






元々胃弱なのですが、最近頑張りすぎて再発
今日はYさんのコレクションを運び出すのにさすが疲れました。
その上、信号で止まると、後ろから額縁が飛んできた。

確かボラールか誰か有名な画商が、
停車したとき後ろから飛んできた絵に当たって、死んだはずだ。
何事もなくよかった。

倉庫状態の画廊内の片付けや体調不良で、
いろいろなイベントや展覧会へ出かける気力がわかないこの頃です。
by kg142 | 2010-03-30 19:05 | アート

2010年3月27日





c0122967_1842542.jpg

昨日時間調整もあって寄った横須賀美術館の前庭で
海を眺める男性の後姿。
「ワンダーシニア30」展が開催中でした。





c0122967_18431417.jpg

大沢昌助 40号 1995年

当方の個展で発表された作品が、戻ってきました。
通称「フルーツケーキ」といわれるパターンの作品で、記憶に残っている割には、
制作点数は少ないのです。
良い作品はよき理解者のもとへ戻ってくるのかとも思います。



今日から春祭り、前の道にはフリーマーケットが出ていました。
明日は通常通り休廊いたします。
by kg142 | 2010-03-27 19:14 | アート

2010年3月23日






連休に福島、山形へ行ってきました。


c0122967_173101.jpg

福島県立美術館で終了まじかの山中現展を見ました。

第Ⅰ夜~ⅩⅣ夜と星夜Ⅰ~Ⅳ の計15点が展示された部屋が見ごたえがありました。
これらの作品を現在あまり見かけることがないので、
「版画はデフレだ」などと言われても
所蔵家は良い作品は手放すことがない、ということかと思います。




c0122967_17395986.jpg

その後白鷹町まで移動して、翌朝
あゆーむ」で開催中の小林俊介展を見た。
小林氏は、わが画廊期待の作家なのです。
上の画像  雪の中「あゆーむ」の前に立つ画廊主



c0122967_17403218.jpg


c0122967_1749202.jpg

一見エルズワース・ケリーのような微妙な中間色のグラディエーションに見えるが、
ミニマルアートではない、とのことである。

画面はテンペラと油彩を交互に塗り重ねた、
伝統的な「グレーズ技法」で描かれていて、
本来油彩の持つ透明感や、マチエールに重きを置いた
絵画なのだ、ということのようである。

肝心の小林先生の画像を撮り忘れました。



その後、風情のある建物のそば屋に寄って、

c0122967_186315.jpg


米沢周りで帰路に就く。

c0122967_187860.jpg

米沢の上杉神社にも寄った。
直江兼続ブームで賑わっていました。

宇都宮あたりで大渋滞に遭遇も無事帰宅。
大沢コレクターのAさんとのドライブでした。
by kg142 | 2010-03-23 18:27 | アート

2010年3月19日






c0122967_19453844.jpg






c0122967_13511980.jpg

左から ベティちゃん・ウイニ―・ベーブルース






展示換えしました。

横尾忠則と岡本信治郎です。
by kg142 | 2010-03-19 19:49 | アート

2010年3月16日






今日は梱包作業の日と決めていたので、朝ホームセンターで材料を仕入れてきた。
少し進むと一服、また一服と結局休憩時間の方が長くなってしまう。
その間に来場者があったりして、一日かかって2個しかできなかった。

暖かくなって、少しづつ動きが出てきたのではないだろうか。
今日も比較的多かったが、先日の土曜日はなぜか次々と人が上がってきた。

ある方に「2階まで勇気を出して上がってきてくれた人に感謝しなければ罰が当たる」
と言われたので、できるだけ丁寧に対応するように心がけていると、
中には購入してくださる方まである。

感謝!感謝!何事にも感謝の日々なのです。




テレビで見て、井山裕太は碁うちには珍しく左利きなんだと思っていたら
わが天才棋士・井山裕太
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAY76345/
によれば、碁を打つ時だけ左手で打つらしい。

両手を使うと全体と細部の両方に注意が向くらしい。

松井やイチローも右投げ左打ちだ。

画家で言うとダビンチや梅原、加山又造などが左手で描いている。
この場合はもともと左利きなのかもしれませんが・・

左利きの人は、ダビンチでなくても逆さ文字を書けるらしい。

右利きの人は、左手を鍛えれば天才になれる・・カモヨ!!
by kg142 | 2010-03-16 19:56 | アート

2010年3月10日






c0122967_19163120.jpg

岡本信治郎 ペドロ―島のインディアン観光 





昨日は帰宅時間に雪が本降りになり、雪国の気分が味わえました。
こちらはのろのろ運転なのに、チェーンを付けない車がブンブン追い越して行き、
無謀な人が多いのにひやひやでありました。

今日「伊佐沼工房」 彫刻体験実習棟 というののオープニングの案内が届きました。

現在の商工会議所会頭が青年会議所のころ、およそ30年前に川越彫刻シンポジウム
が青年会議所主催で開かれました。

その参加作家の何人かが川越にアトリエを構え、その後多くの彫刻家が川越に住んでいます。

会頭は30年を経て、夢を実現されたのだと思います。
とても良い話です。



今日は一日作品撮影でした。
岡本信治郎と横尾忠則を次回小企画として展示しようかと思います。



ヤフーオークションを再開しております。
by kg142 | 2010-03-10 18:55 | アート