川越画廊 ブログ

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年4月22日



つくば美術館で靉嘔展がオープンしました。
c0122967_15442073.jpg

オープニングセレモニーのテープカット




c0122967_15443654.jpg

会場風景
見やすくすっきりとしたよい展示でしたが、何といっても今回のカタログが、
靉嘔入門書として最高の出来ではないでしょうか。
外舘和子氏の「靉嘔の人と作品―虹とイメージと行為の間に」という文章は、
靉嘔芸術を簡潔にわかりやすく解説しています。
レイアウトやデザインも見やすくきれいで、書店においてもよく売れるのではないでしょうか。






c0122967_15445848.jpg

会場風景 勧善懲悪の大きな作品
作家の姿勢がぶれないということが、一般的に評価の大きな要素になっているように思われますので、
来年の東京都現代美術館での展覧会に向けて、靉嘔が大きくブレイクする予兆が感じられます。





c0122967_15452442.jpg

筑波大学内の第2会場
この壁面の反対側のラウンジで勉強していた学生さんが、親切に第3会場まで案内してくれました。





c0122967_1545399.jpg

筑波大学内の第3会場
この会場は分かりにくいところにあります。
この近くの大学ギャラリーで瑛九の作品を2点見ることができました。
石井コレクションという部屋があって、絵画は他に国吉康雄、藤田嗣治がありました。
奥には朝永振一郎博士や筑波大学出身のアスリートの展示があります。

私も第一期生として第一学群自然学類というところにお世話になったのですが、
卒業以来30数年ぶりに訪ねた筑波の何と立派なことでしょう。
われわれのころは、体操着に長靴をはいて寮から校舎へ通った記憶があります。
ここら辺りは元々粘土質の湿地だったのです。
by kg142 | 2010-04-23 17:01 | アート

2010年4月20日






c0122967_13432797.jpg

草間弥生展 展示しました


草間弥生版画展
4月24日(土)~5月5日(水) 4/26(月)・5/3(月) 休み


版画10点、タブロー1点と小規模な展示ですが、月曜を除き連休中も営業しておりますので、
火山の噴火で旅行を取りやめた方、
一日散歩でお出かけください。


日、月と天気がよく、野菜の植え付けをしました。
今年は少し畑も借りて、オクラ、かぼちゃ、ししとう、生姜、ニンジン(蒔く)など。
花壇には、パプリカ、ミニトマト、インゲン、アスパラなど・・
さて うまく世話ができますか。


「発達障害に気づかない大人たち」によると、
机の上が片付けられない、タバコをやめられない などというのは、
発達障害らしい。
対策はまず 障害を自覚することだそうです。
今年はタバコをやめる決意です。
by kg142 | 2010-04-20 14:21 | アート

2010年4月13日






c0122967_190579.jpg


草間弥生版画展
4月24日(土)~5月5日(水) 4/26(月)・5/3(月) 休み


を開催いたします。
今回何年かぶりに大型連休中もオープンいたします。





つくば美術館開館20周年記念に
靉嘔展 4/23~5/23 が開催されます
by kg142 | 2010-04-13 19:12 | アート

2010年4月3日






c0122967_18411962.jpg

先日ミッドタウンで開催中の「クリスト展」
会期終盤になってようやく見に行った。

会場構成、フランクで分かりやすい解説、キャプション・・
デザインサイトという会場だからなのか、この企画に限ってなのか、
始めて行ったのでわからないが、とても良い展示だった。

プロジェクトそのものを見せるのでなく、プランのドローイング、版画、
成功したプロジェクトの写真などによる、回顧展という趣の展覧会だった。

意味や哲学を語らず、淡々と事実経過を示しているだけなのに、
さわやかな説得力がある。

これは長年現場に実際に立ち会ってきた柳正彦氏だからこそできた
構成ということだろう。

ミッドタウンは桜が咲いて、オープンカフェなどあり
よいところでした。

その後Sさんにお誘いいただいて、「アートフェア東京」へ行った。
すごい人出でした。

金、土と久々に在廊していましたが、多少の人出や営業も成って、
このまま景気が上向いてゆくことを期待しましょう。

5月の連休にかけて「草間弥生版画展」
その後毎年恒例の「大沢昌助展」 
を予定しております。
by kg142 | 2010-04-03 19:36 | アート