川越画廊 ブログ

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2010年5月26日









今日は天気のせいか来場者少なし、そこでユーテューブへ画像をUP。
入口マットまで青で統一されております。
これで様子がわかるので、来場する必要がなくなるかもしれませんが・・






先般世田谷美術館で開催された「川上澄生展」のカタログは、完売したそうです。
その時重要な作品の一つとして、ガラスケースの中にに展示されていた
版画本「時計」です。
表紙(木版画)もきれいですが、中に20図の木版画が挿入されています。
川上澄生の最も豪華な挿絵本です。


c0122967_177619.jpg


「昭和19年刊行に際して、栃木県特高係から、非常時にかような趣味的贅沢本の刊行まかりならぬとして呼び出されるが、たまたま特高係長が教え子で、そのとりなしで漸く刊行許可となった。」
という曰く付きのもので、市場に出ることは稀です。(限定100部外家蔵本)



c0122967_12262467.jpg

初夏の風(参考画像)

かぜとなりたや
はつなつのかぜとなりたや
かのひとのまへにはだかり
かのひとのうしろよりふく
はつなつのはつなつの
かぜとなりたや

初期の青春譜ともいうべき作品群の中の代表的作品で、生涯の代表作でもある。
棟方志功がこの作品を見て版画家を志したと言われています。
画面に文字を描きこむという手法が棟方に踏襲されていますが、
詩が絵を補完しているのか、絵が詩を補完しているのか。

棟方は木版画自体が詩であると気付いたのではないでしょうか。
川上澄生は詩人だったのです。

澄生の「初恋」は、生涯底流に流れるテーマであったとしても、
形としては、ある時期から明治初期の風俗であり南蛮船でありました。

南蛮趣味の中でランプと時計が最も多く描かれています。
この「時計」は、ものに託した詩集なのです。


この作品は近々コレクション展にて、展示いたします。
by kg142 | 2010-05-26 17:20 | アート

2010年5月20日






c0122967_1740736.jpg

受付を奥の部屋への入り口に移動。

ドアがないので、皆さん奥に入って行かれますが、
奥はスタッフルーム、ストックルームです。
受付の異動で、展示室と区別ができました。

以前川越にいて現在は都内にお住まいの方から、久々にお電話をいただいた。
ある作品を甥の某タレントがテレビの「鑑定団」に出したら、
当方からの購入額の何倍もの評価額だったとのことでした。
バラエティ―番組のご祝儀相場としてもうれしいことで、たまにはこういうこともあるのです。

昼休みに日高へ「伊藤雄介展」を見に行き、会場近くの「大豆屋」で豆腐定食を食べた。
あんかけ豆腐丼に味噌汁、小鉢2個、デザートがついて400円でした。
(いまどき信じられない価格と思ったら、私のたのんだのは小サイズだったようです。)
今日はささやかなうれしいことが幾つもありました。




大沢昌助(1903~1997)先生が「アカデミズムの呪縛を振り払うのに長い年月を要した」
というようなことを言われましたが、晩年の10年間の仕事こそ、大沢芸術の到達点というべきものです。
一般に女性像を描く流行作家という位置づけがされがちですが、
たとえば、モンドリアンが花の絵で生計を立てても、モンドリアンはモンドリアンなのです。

たとえ価格の面で進展が見られないとしても、作品の質に遜色を与えるものではありません。
会場写真を見られた何人かの方から、賞賛のことばをいただきました。
私と同じように感じられる方のいらっしゃることに、勇気を得ます。

お問い合わせをいただきましたが、今回の
「青の遍歴シリーズ」はバラでの販売はいたしません。
by kg142 | 2010-05-20 18:35 | アート

2010年5月15日






練馬区立美術館開館25周年記念
「大沢昌助と父三之助展」(仮称)10月31日(日曜)~12月23日(木曜)






c0122967_1850838.jpg





c0122967_18502539.jpg





大沢昌助展の展示をしました。
今回は、10号大のキャンバス20点をメインに展示しました(青の遍歴シリーズ)。

受付台の位置をかえて、作品のつながりがスムーズに見られる展示になったと思います。
ご高覧いただけたら幸いです。 




大沢昌助展 
2010年5月22日~6月6日  5/24. /31 休廊

川越画廊 埼玉県川越市連雀町14-2 〒350-0066
☎049-225-3260
by kg142 | 2010-05-15 19:04 | アート

2010年5月11日




c0122967_1940254.jpg

ベニバナトチノキ ?



c0122967_19404673.jpg

バイカウツギ



c0122967_1941022.jpg

ハンカチノキ



c0122967_19412184.jpg

アイリス



c0122967_19413838.jpg






c0122967_194201.jpg

セージ





c0122967_19421792.jpg

アヤメ





c0122967_19423498.jpg

オオデマリ



昨日の公園の散歩から・・
失礼しました。
by kg142 | 2010-05-11 19:49 | アート

2010年5月8日




Xpのサポートが終了するらしいので、
HpをVistaのパソコンへダウンロードして、そこで更新してから
アップロードしようとしましたが、うまくゆかず、
Xpから修復。何事も自前でするには知識不足でした。




c0122967_19333732.jpg

Flower C 2005年 51.5×61.5cm 

普天間基地の5月決着断念ということで、悪い材料も出尽くし、
ある意味すっきりした感もあります。今後の展開はどうなるのでしょうか。

日、月 休廊いたします。
by kg142 | 2010-05-08 13:41 | アート

2010年5月5日






c0122967_12135254.jpg



c0122967_1214740.jpg



c0122967_1451454.jpg




連休最終日、今日は比較的人出も少なめ。
運動しようと朝1時間ほど散歩。
吉田博「川越の桜」を見に喜多院の宝物展へ行く。
廊下から見た庭は緑がきれいでした。
通常はレプリカが展示されている「職人尽絵」の実物が展示されていて、これは一見の価値ありと思います。(会期は今日まで)



草間弥生展も本日が最終日。
次回は恒例の「大沢昌助展」です。






c0122967_14534747.jpg

大沢昌助展 青の遍歴シリーズ20点(1992年作)を展示します。
2010年5月22日(土)~6月6日(日)  5/24、31 休廊

当画廊は大沢昌助(1903-1997)の晩年作の顕彰に努めています。

次回企画展まで草間弥生作品を引き続き展示いたします。(不定休)
by kg142 | 2010-05-05 15:12 | アート