川越画廊 ブログ

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2011年1月30日 内田静馬展

同じ風景が油彩あるいは木版画で描かれているとしたら、木版画により多くの詩情を感じるのはなぜなのだろう。
個人差もあるだろう、自分が版画を見慣れているとか、この作家についてある程度予備知識があって、どういう気持ちでこの風景を眺めたのかなどと思いめぐらしてしまうことも原因かもしれない。

今度の「内田静馬展」は本人自身に見てもらいたいような展覧会だ。
カタログに「・・おそらく身近にかかわった人たちも、その全貌は知らなかったのではないか・・」というようなことが書かれていたが、まさしく晩年10年以上交流した私も初めて見る作品、初めて知る事柄など多く驚いた、そして感動した。

おそらく作者自身これだけの点数を時系列に並べてみたことはないはずで、そして立派なカタログまで刊行されて、大きな感激と満足を得たはずである。

O学芸員のご努力で多くの作品の制作年が特定されて、今展のカタログは今後の内田静馬研究の貴重な資料となった。木版画は元々印刷技法の一種なので複製しても原作の感じを伝えやすいものだが、今回のカタログは特に用紙の選定がピッタリしていて、まるで木版画そのもののような風合いにも仕上がっている。

それにしても内田先生の生涯続いた木版画への情熱はどこから来たのだろうか。
旧家であっても先生の代はけして裕福だったとも思えず、自身の兄弟が20人、お子さんは7人もいた。戦後川田谷に戻った時は15人家族の主となったわけだ。
おそらく戦中戦後と生活者としての苦労は大きかったはずなのに、生涯木版画制作を続けたのだ。

作品の内容や位置については専門家に任せるとして、先生の仕事は今回の展覧会によって結実したのだ。

ぜひ多くの方に見ていただきたい展覧会である。



























川越画廊のホームページ
by kg142 | 2011-01-30 17:19 | アート

2011年1月28日


お知らせです
内田静馬展
1月29日~3月13日 川越市立美術館


内田静馬(1906~2000)は桶川市川田谷の出身で、戦前は新潟の高田や山口で中学の教師をし、戦後は川越に戻って高校教師となりました。その間精力的に木版画を制作し、高田時代の「雪の高田」は新日本百景の一点に入っています。

(「新日本百景」 は1931年(昭和6)に設立された日本版画協会の事業として、1938年(昭和13 )秋から1941年(昭和16)にかけて刊行された木版画のシリーズで、戦争によって中断し39景が刊行されたのみだった。内田静馬のほかは、きら星のごとくに創作版画の著名作家が名を連ねている。)

当画廊では生前に数回の個展を開催しておりますが、あまり知られていない創作版画家の回顧展が公立の美術館で開催される今回の企画は、画期的なことかと思います。

先生は戦後日本各地を回って、当地の絵馬を木版画にしました。それらは何集かに分けて、埼玉グラフよりオリジナル木版画集として刊行されています。

今回展覧会を記念して、川越画廊所蔵の絵馬木版画を記念頒布いたします。

第六天は埼玉県内にもいくつかあるようですが、ここに描かれているのは桶川にも近い武蔵第六天神社 http://www.dairokuten.or.jp/ の絵馬と思われます。




c0122967_16524590.jpg

内田静馬 埼玉 第六天向い天狗  
木版画(内田静馬の自刻、自摺り オリジナル)  イメージサイズ:15×19cm 額装
頒布価格10,000円 (頒布数30点)


これは内田静馬の自刻、自摺り作品として貴重なものであるとともに、
武蔵第六天神社のホームページにもあるように、この絵馬を掲げることで数々のご利益があります。



以上お知らせでした。
後日額装状態の画像を掲載いたします。





 


川越画廊のホームページ
by kg142 | 2011-01-28 19:30 | アート

2011年1月27日


今日の長野県東御市は氷点下11度だそうです。
島州一先生は10年ほど前に東京から長野へ引っ越されました。
東御市は、梅野記念絵画館や玉村豊男さんのワイナリーがあるところです。

島先生の作品のご紹介です。
現存作家の新作ですので、価格も表示します。
作者のページ → http://gallery.me.com/shimakuniichi



c0122967_19215254.jpg

島州一 果柄  油彩・キャンバス 18×14cm  2008  40,000円




c0122967_19221467.jpg

島州一 人と猫  油彩・キャンバス 18×14cm  2008  40,000円




c0122967_19223123.jpg

島州一 地図の人  油彩・キャンバス 18×14cm  2008  40,000円




c0122967_19225251.jpg

島州一 りんごの心 油彩・キャンバス 18×14cm  2008  40,000円





c0122967_19232483.jpg

島州一 ボナールの夢  油彩・キャンバス 18×14cm  2008  40,000円





私は韓国も中国も行ったことがありません。
韓国通のT先生がいろいろとご教示くださいますが、どうも行く気になりません。
留学生が減少していて、若者が内向きであると新聞にありましたが、熟年もそういう傾向かもしれません。

ガラパゴスの生物の固有種は110種類で、日本の固有種は130種類だそうです。
ガラパゴス化とか言われていますが、元々ガラパゴスよりも日本の方が特異なのです。

何を言いたいのかわからなくなったので、もう帰ります。・・・つづく










川越画廊のホームページ
by kg142 | 2011-01-27 19:48 | アート

2011年1月26日


c0122967_14544446.jpg

キャンバスに地塗りをして5年間乾かす。
乾いたら紙やすりで表面を平らにして、地色を摺りこむように塗り、再び数年乾かす。
乾いたらいよいよイメージを描きこんでゆく。・・・

高松先生に制作方法についてご教示いただきました。
キャンバスを折り曲げたとしても、けして剥離などしないそうです。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/yorunosanpo/ 




c0122967_15115852.gif

(花火の画像をホームページから転載させていただきました。)






銀座青木画廊で発表されています。

以下略歴です。
2008年   「精筆の8人展」              青木画廊・(銀座)
2007年   「澁澤龍彦-幻想美術館-」          横須賀美術館
2007年   サパンヌ39年度展・part2          青木画廊3F・LUFT(銀座)
2007年   「青木画廊と内外幻想レアリスム展      Gallery 杜間道・Tougendou(仙台)
2007年   「開廊7周年記念展」            ギャラリ-歩歩琳堂・神戸
2007年   「渋澤龍彦・幻想美術館」展         札幌芸術の森美術館
2007年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
2007年   「渋澤龍彦・幻想美術館」展         埼玉県立近代美術館
2006年   開廊45周年記念展             青木画廊・ (銀座)
2005年   サパンヌ39年度展              青木画廊3F・ LUFT(銀座)
2005年   ドロ-イング展4               青木画廊・ (銀座)
2004年   ドロ-イング展3               青木画廊・ (銀座)
2003年   個展                    青木画廊・ (銀座)
2003年   ドロ-イング展2               青木画廊・ (銀座)
2002年   ドロ-イング展1               青木画廊・ (銀座)
2001年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
2000年   個展                    三番町ギャラリ-(川越)
2000年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
1999年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
1998年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
1997年   尖の会展                  古心堂画廊・(御徒町)
1995年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
1995年   微細画展                  彩林堂画廊・(銀座)
1994年   人人展                   東京都美術館・(上野)
1993年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
1991年   二人展                   彩林堂画廊・(銀座)
1990年   現代幻想作家15人展            そうま画廊・(水戸市)
1989年   二人展                   青木画廊・ (銀座)
1989年   一匹狼の集合展               ギャラリ-・オンファロス(六本木)
1989年   オ-ル立教展                東武百貨店8F・イベントプラザ・(池袋)
1987年   星夜・/施術者たち・詩と原画展        東京堂文化サロン・(神田神保町)
1987年   夢座刊行記念展               中野紅画廊・(東京中野)
1987年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
1986年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
1984年   異色作家によるオブジェ展          ギャラリ-モテキ・(銀座)
1984年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
1984年   個展                    青木画廊・ (銀座)
1983年   幻視者たち展                伊勢丹・美術画廊8F・(新宿)
1983年   ミニアチュ-ル展2              彩鳳堂画廊・(銀座)
1982年   幻視の森展2                 東京セントラル絵画館・(銀座)
1982年   ミニアチュ-ル展1              彩鳳堂画廊・(銀座)
1982年   幻視者たち展                旧西ドイツ公立美術館
1981年   幻視の森展1                 東京セントラル絵画館・(銀座)
1981年   幻想絵画展                 旧西ドイツ私設美術館巡回
1980年   個展                    青木画廊・ (銀座)
1977年   眼展                    青木画廊・ (銀座)
1977年   個展                    青木画廊・ (銀座)
1976年   ポスト・コレクション展           東京セントラル美術館・(銀座)

1971年   朝日新聞社主催・現代の幻想絵画展      新宿小田急百貨店・名古屋丸栄百貨店・そごう神戸店・
                                     沖縄タイムスホ-ル・(那覇会場)
                                     岩田屋・(久留米会場)

1968年   個展                    青木画廊・ (銀座)
1964年~1967年  グル-プ・ノヴア展        椿近代画廊(新宿)
1964年   立教大学・理学部数学科中退
1963年   個展                    兜屋画廊・(銀座)
1941年   北海道・小樽に生まれる。札幌育ち。
              








川越画廊のホームページ
by kg142 | 2011-01-26 15:04 | アート

2011年1月21日




1月25日(火)~2月6日(日) 油彩小品展


c0122967_18403668.jpg

展示風景



c0122967_18411435.jpg

木村利三郎 アジサイ 0号


c0122967_1841377.jpg

靉嘔 レインボーランドスケープ(60ストライプ)  SM




川越画廊のホームページ
by kg142 | 2011-01-21 18:45 | アート

2011年1月15日





c0122967_1905816.jpg




c0122967_19363053.jpg




c0122967_1912855.jpg





1月25日~
「小品油彩展」 を開催いたします。
早くも本日展示しました。33点出品します。リストはまだできていません。

ミニュテュア・0号・サムホール・3号 などです。

大画面の作品は迫力があって良いですが、小品はまた愛らしくて良いです。
そこで、3月にミニュテュア(100×148ミリ)と100号の展覧会を開催します。

展覧会会期中以外は、都合により臨時休廊する場合があります。


今回の作品の何点かを紹介します。



c0122967_19175446.jpg

吉田克朗 触シリーズより 油彩 3号
指で描いています。



c0122967_1938298.jpg

オノサトトシノブ 油彩 10×10cm あまりない10センチの小品です。




c0122967_19183136.jpg

島州一 油彩 0号 「髪結い女」 というタイトルです。




c0122967_19184815.jpg

大沢昌助 油彩 148×100ミリ
このキャンバスは当画廊が特注して、大沢先生にたくさん描いていただきました。もう残り少なく貴重なものです。




c0122967_191932.jpg

高松潤一郎 油彩 18×14cm 細密に描かれています。
by kg142 | 2011-01-15 19:43 | アート

2011年1月11日





正月も終わり、今日から平常通り営業しております。

休みの最後に現代日本彫刻作家展を見に、箱根彫刻の森美術館へ行ってきた。岩間弘さんに券をもらったからです。入場者は若い人ばかりで、団体展を上野や六本木でなくこういうところで開くと、新たな観客が来るのかもしれません。
それこそ何十年ぶりの訪問でしたが、記憶よりも小じんまりした感じもしました。野外の展示は有名作家ばかりになっていて、展示換えをしているのかもしれません。
開催中の加藤泉展も見ごたえがありました。この作家をまとまって見るのは初めてでしたが、人気のあるのが理解できます。
目玉のピカソとヘンリームーアは充実していて、見ごたえがあります。

今年は瑛九生誕100年の年に当たり、7月に宮崎、秋に埼玉、うらわの各美術館で記念展が予定されています。
当画廊もそれに合わせて、関連企画を何本か開催いたします。

1月は下旬から画廊コレクションをメインに、0号、サムホールによる小品展を開催します。

本年もよろしくお願いします。
by kg142 | 2011-01-11 12:14 | アート

2011年1月2日






c0122967_18273968.gif


昨年はご愛顧いただきありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末セールは思いのほか来場者も多く、当社は年末決算でもあり
年末年始とあわただしく過ごしております。

本日は恒例の親族の新年会があり、埼玉県人のまじめではありますが消極的な性質を改めて自覚いたしました。この年になってなかなか性格は変えられないと思いますので、本年も地味で小規模ではありますが、お客様の要望にお応えできるように努力してまいりたいと思います。

今日BSジャパンで「ゴッホ最後の70日」という番組を見ました。
いつもながらゴッホと弟テオの兄弟愛に感動しますが、この番組の中でいくつか驚くことが語られていました。
ガシェ医師コレクションのゴッホ作品の多くが、ガシェによる贋作である。ゴッホの耳を切ったのは、ゴーギャンである。事故であってもゴッホをピストルで撃って死に至らしめたのは、弟テオである。 というようなことです。

ゴッホについての数々の神話が事実でないとして、作品だけで今日の評価がえられたものなのでしょうか。
神話はゴッホの評価を早めただけで、神話はなくともゴッホは偉大な天才であったと見るべきでしょう。
ゴーギャンについても弟テオについても、相手に罪が及ぶことをよしとせず、真実を語らなかったゴッホの純真さやさしさ誠実さがそれを証明しているように思いました。

新年は1月26日から0号、サムホールによる「油彩小品展」を開催いたします。

昨年初は株高を予想して、見事に外れました。(株など買ったこともないのに聞きかじりで)
さて今年の景気はどうなるのでしょうか。

美術作品を投資対象という一点で見て、将来値上がりするかしないかだけで作品を購入する。
という雰囲気に違和感を感じて画廊から遠ざかっていた人たちが、再び画廊に足を運ぶようになるのではないでしょうか。

また一方で、金融緩和による資産バブルがひそかに進行して、美術界においても一部新たなアイテムが高騰するのではないでしょうか。

失礼しました。
by kg142 | 2011-01-02 20:53 | アート