川越画廊 ブログ

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年5月28日



昨日は平塚市美術館の「画家たちの 二十歳の原点」を見てきました。
村山槐多と関根正二がメインに据えられ充実していました。二十歳と言えばこの二人ということでしょうか。今度展示する靉嘔の作品も2点ありました。
お客様から良い展覧会と聞いて見に行ったのですが、その通りでした。
ただ見たいのはほかの作家だったのですが。




帰りに神代植物園のバラを見ました。
こちらは、ただ手入れしていますと言うだけでどうかと思いました。
何十年も同じ品種を植えっぱなしで、配置のデザインもなおざり、手入れしている人が飽きていること間違いなしかと思います。(入場料をとらないのであれば、文句はありませんが)
(小雨だったので良く見えなかったかもしれません。失礼! 後日記)




写真は温室で鉢にベコニアの花が浮かべられていたので、(バラではありません)

c0122967_20355373.jpg








靉嘔の展示は 1954年から制作順に並べました。以前展示した作品もありますが。

c0122967_2037485.jpg

by kg142 | 2011-05-28 20:41 | アート

2011年5月21日






靉嘔のめずらしい作品をご紹介します。エッチングです。
タイトルが変わっています。(作品の裏に書かれているタイトルとカタログレゾネのタイトルが違う場合は、カタログに従う)
特に3つ目の作品。1958年に渡米して資金も不足してきたのでしょうか。






c0122967_1754196.jpg

7+9=8  
エッチング 1959年 15×22.3cm 限定5部



c0122967_17541778.jpg

1+2+4=7 
エッチング 1959年 15×22.3cm 限定5部

 


c0122967_17542985.jpg

Send More Money
エッチング 1959年 15×21.7cm 限定5部
by kg142 | 2011-05-21 19:03 | アート

2011年5月17日


「瑛九の仲間たち展」には連日多くの方にご来場いただきありがとうございました。
次回は、瑛九生誕100年記念Part Ⅱ として 靉嘔の初期作品展を開催いたします。


「・・過去の作品を否定しようとすべての作品に×を付けたら、今度はきれいな×を描こうとしてしまう。・・何にも描かないのなら光だけを描けばよい(スペクトルとして)ということで、虹の作品になってゆく。・・」

少し正確ではないかもしれませんが、靉嘔先生からこのようなお話をお聞きしたことがあります。
それを作品でたどろうというのが今回の展覧会です。

光にこだわるという点において、瑛九の影響があったと言えないでしょうか。









c0122967_13325726.jpg

瑛九生誕100年記念企画 Part Ⅱ
靉嘔 ’50 ’60 ’70
プリミティブそしてアクションペインティングの否定から虹の発見まで・・
2011年6月4日(土)~19日(日)   6 (月) ・ 7 (火)  13 (月) ・ 14 (火) 休み

変則的ですが、月曜日、火曜日を会期中に限ってお休みとさせていただきます。






■ 展覧会の会期中以外は 勝手ながら臨時休廊する場合がございます。
  ご来廊の前にご確認ください。 

by kg142 | 2011-05-17 13:58 | アート

2011年5月8日






この3日間は連休終盤とあって来場者も多く、ヤフオクへの出品ままならず。
先日行った庭の写真を掲載します。
売約もあって出品する予定だった作品も少なくなりましたが、火曜日から何点か出品いたします。





c0122967_1855534.jpg




c0122967_1856162.jpg




c0122967_18563579.jpg

ホワイトガーデン



c0122967_18565321.jpg

立派なギボシ、日本原産です。
アオキ、アジサイ、ノイバラなど日本原産の植物が世界のガーデニングに貢献しています。
by kg142 | 2011-05-08 18:59 | アート